スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

You pray,I stay

『You pray,I stay』


イントロのgが二人の現在の関係を暗示するように、
歪ませた音で、こもったような暗い響きで奏でられる。

踊ってよ 月明かりで
レースのカーテンの向こうで
手あかだらけにするより
あなたの匂いだけでいい


低めのキーで歌う稲葉の声は、まるで闇の中で忍び寄ってくるように妖しくせつなげだ。
ファルセットのコーラスがユニゾンでそれに被さる。
サイコ~~~!


歌い出し『踊ってよ 月明かりで』から、もうエロティックな妖しさが充満してる。
しかも、それは『レースのカーテンの向こうで』と、紗がかかったレース越しにだよっ!
どうよ!どーよ!想像してごらんなさいな~
キャァーーー色っぺぇ~~~!!

もちろん実際に踊ってほしいわけではないだろうが、
レース越しに女の姿を見ようと思う男の心情が次の歌詞で語られる。
『手あかだらけにする』ことには、男自身と関わることにより女の『生』が歪められたり
精神的に傷つけてしまうことなどを意味してるのではないだろうか。
そうするよりも『あなたの匂いだけでいい』と。

『匂い』が感じられるということは、傍らに存在する距離でなければならない。
男は女と関わらずとも(女を傷つけたくはないから)、女は女自身のままで
ただただ自分の傍にいて欲しいとの願いが込められた歌詞だと思う。
それほどまでに大切にしたい愛しい女なのだと。

このような歌詞ゆえに、後に続くサビの歌詞で表現される男の慟哭が
より一層の哀切感を帯びながら歌声として迫ってくる。


そばにいれば こわれゆく
離れるなら 忘れ去る
もうこれ以上もない これ以下もない
だから You pray,I stay


しかしながら二人は察しているようだ。 
『そばにいれば こわれゆく』ことを。
でも『離れるなら 忘れ去る』と。
このままそばにいれば、お互いがダメになり、いずれは別れるであろうことが
わかりながらも、別れることで忘れ去ってしまうことを恐れている。
何故なら忘れてしまうことを望んでいないのだから。

『もうこれ以上もない これ以下もない』が、
二人の関係が行き場のないものであることが決定的だということを意味している。
それでも、だからこそ『 You pray,I stay』
あなた(女)は離れずにいられることを祈り、
僕(男)は事態が結果を導き出すことのないように動かずにじっとしている。


部屋を埋める夜の闇に
意味のない言葉が舞う
あなたはどうしてほしい?
僕はドアに鍵を掛けたい


『夜の闇』だけでも十分に暗さを表現してるのに、
尚且つそれが『部屋を埋める』のだから、かなり暗鬱な空気が漂っている。
そしてその暗澹たる空気が立ち込める部屋に舞うのは『意味のない言葉』だ。

『意味のない言葉』とは、最早、男と女の間には言葉が意味を持って
通い合うものではなくなってるということなのか・・・
それとも、お互いが聞きたいと思ってる言葉ではない上辺だけの言葉で
時間を埋めてることを示しているのだろうか・・・

次の歌詞が『あなたはどうしてほしい?』と問いかけの言葉が続くので
言いにくい言葉を避けた上辺の会話をしていると解釈したい。
きっと二人は現在の危うい関係を決定的なものとしてしまうことを避けたがっているから
取り繕う為の肝心ではない『意味のない言葉』が出てくるのかもしれない。

そして心の中で呟く男の本音『僕はドアに鍵を掛けたい』と。
『ドア』とは今自分が居る場所と外側との境界を意味する言葉である。
即ち、外側へ飛び出して変化していくことを望まずに、今在る関係を保持したいと。
女を自分の元から手放したくはないのだろう。


燃え上がる 想い二つ
ぶつかるなら砕け散る
わかっている こわがっている
だから You pray,I stay


『燃え上がる 想い二つ』とは、男と女のそれぞれの個別の『想い』である。
その個別の『想い』は『ぶつかるなら砕け散る』のだから、重なり合うものではなく
反発し合う『想い』なのだろう。
そして『砕け散る』のは『想い』ばかりではなく、男と女の存在そのものも
含まれているような気がする。

いずれ二人の関係が行き着くところを感じつつ、
そしてそれが避けられないことと知りながらも
それが決定的になることを怖がっている二人。
だから『You pray,I stay』
あなた(女)は、僕(男)がこのまま離れずにいて欲しいと祈る。


間奏のgソロが情感たっぷりに哀切感を盛り上げるように徐々に高まりを見せ、
次の歌詞へとつなげていく流れが素晴らしい。
松本さんはギターで語ってるのよね~
「松ちゃんステキーーーーーッ!!」


教えてくれ 何のため
教えてくれ 一体いつまで
僕らは強がっているの


二人は何のためにいつまで強がりを続けるのか・・・
離れがたいがために、相手を思いやるが故に、それぞれの『想い』を察しながらも
それに触れずに、またお互いにはっきりとした意思としてそれを相手に伝えようとはしない。
きっと、男も女も全てわかっているのに・・・
「このままでいいわけはない・・・」と煩悶する男の、
決断へ行き着くまでの揺らぐ心情が表現されてると思う。


(同一番サビ歌詞省略)
まるで凍りついた海の中

二人の現在の関係を物語っている。
本来ならば波の揺らめきがあるはずの海が、凍りついてしまって何の動きも見られない。
それは果てしなく冷たく、海の中まで凍りつき命の存在も感じられない。
二人が一緒でいることにより、お互いの命の輝きまで消してしまうという現実。


こわれよう 燃え尽きよう
離れても忘れないように
でもわかっている こわがらないで
そして I pray,You stay


でも、グチュグチュ逡巡しながらもポジティヴな稲葉浩志は決断する。
お互いをダメにしてしまっている二人の関係に終止符を打つことを。
『こわれよう』

そして『離れても忘れないように』、それぞれの『想い』に従って、
自分のあるがままに正直に生きて『燃え尽きよう』と決意し、
凍りついた海の中から踏み出そうとする。

『でもわかっている』
別れてしまえば、いずれは忘れていくかもしれないことを。

『こわがらないで』
それを怖がっていては前に進めない。

『I pray,You stay』
そして僕は君をずっと忘れないでいられることを祈り、君が君でいられることを願う。
君は君のままでいいと。




『破れぬ夢をひきずって』いることにより、寄り添えないそれぞれの『想い』。
『Loser』にならぬ為の『You pray,I stay』か・・・・


そして時が経ち『May』へと続いていく・・・










スポンサーサイト

2005.12.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 楽曲

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。