スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

フリ

長かったぁ。。。。。
やっと終わったゼェーーーーー!!

この重圧から逃れられたような解放感。

イエ~~~ィッ!!

昨年から続いていた歯の治療が終了した。


なぜに歯の治療が終了したくらいで、こんなにも喜んでいるのかは、
私が大の『歯医者恐怖症』だからなのですッ!
昨年、ココの記事に取り上げた話題でもあるんだけどね。



もう昨年末あたりから地獄の苦しみの峠は越えていたのだけれど、、、、、

その時の女医N先生の言葉。

「やっと先が見えてきましたねぇ~」
「大変でしたね。」


と、まるで幼稚園児をほめるような心優しい笑顔で、、、、
そしてN先生自身の安堵感もチラッと見せながら仰いました。



や・やっぱり、そんなに情けない患者だったんだぁーーーーー。_| ̄|○

こここ・これで冷や汗が出なくて済むんだ。
拳を強く握り締めて、足を突っ張らせなくて済むんだ。
震えが少なくて済むんだ。
怯えなくてもいいんだぁ~~~~。

なぁ~んて、歯科医院を出た途端に顔がゆるみっぱなしで、
私のデッカイ安堵の溜め息がその辺の塵まで吹き飛ばした。・・・・と思う。


で、今年に入ってからはチョコチョコと調整したりして、本日やっと全て終了!



『N先生お世話になりました。』


そのN先生に何度も言われた言葉。

「大丈夫ですか?」


きっと冷や汗かいて硬直した私の全身に異常性を感じたんだよなぁ。。。。
かなり恥ずかしい醜態だよぉ~~~。
いつも強気で出てる人には絶対見せられないっ!
歯医者は私の最大の弱点だ。



でもさ、、、、あ~んなに優しくいつも微笑んでる女医さんも家に帰ったら。。。。。



「ったくー、やってらんねぇーよな!」
「あんなメンドクセー患者が終わってセイセイしたぜぇ。」

なんて毒づいて、立膝で一升瓶抱えてコップ酒をあおっていたとしたら・・・・



超コワァ~~~~ッ!




まぁ日本人は伝統的文化からして「形式主義」と言えるようですが、
「形式」、言い換えると「フリ」ですね。

あの女医さんも、社会的な立場として「女医」のフリをしてるわけだ。
誰しもが社会の形式に適応するべく、いろんな立場でのフリをしているはず。

フリと言っても、それが嘘というものでもなくて、フリ(建前)と本音がセットとして、
日本社会では機能してるのではないかと思う。
受け止める側も、相手のフリと本音を心得てフリで対応してるような気がする。




そして稲葉さんも『歌手 稲葉浩志』のフリをしている。



LIVEで、そのフリが感じられて醒めることがある。
もっとフリに徹底して、フリを感じさせないでほしいのだけど・・・・

こんなこと感じるのは私だけか。。。。


スポンサーサイト

2006.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑感

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。