スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

存在の耐えられない軽さ

ミラン・クンデラの著書に『存在の耐えられない軽さ』というタイトルの本があったけれど、ず~っと以前にタイトルに惹かれて借りて読んでみたが、途中で投げ出したのでどんな内容なのかまるでわからないし、断片さえも覚えていない。

ただ今日そのタイトルがふと浮かんだ。


自分の存在価値が見出せない場所は居心地が悪いなんてことを改めて思った。
そこからもくもくと入道雲のように湧き上がる釈然としない雑多な思いに
とりつかれてしまい、それを言葉として整理してみたいのだけれども、
余りにも広漠としたものであり、私には手に負えそうもない。

今までにも何度も感じていたことではあるけれども、、、、
答えが欲しいわけじゃない。
どうにか理路整然とした自分なりの解釈が得られたとしても、
やっぱり釈然としないのだろうとは思うけれど.....


「だからなんなんだっ!」


別にどっか薄暗い窪みにはまり込んでるのでもないけれど、
ちょっと今はB'zに浮かれてる気分じゃない。
新譜が発売間近というのに、あまり意識がB'zに向けられてないようだ。
ちょっと他所事のような....
そんな時もあるでしょ。


『Wonderland妄想庵』ではなくなってきてる。
blogタイトルもその時の思いつきであり、本当のところ特別な思い入れもない。
まぁ、なんでもありってことで、、、、




スポンサーサイト

2006.06.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑感

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。