スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ヨコスカ「冷・熱」感想&ちょいレポ(後編)

注:私の個人的な嗜好によっての感想なので、
気分を害しても知らないよ~
(そんな危険性のあると思われる方はサヨウナラ~)


昨日の記事の続編


08.BAD COMMUNICATION
久々のバッコミ。
この選曲は9月のプレミアムライブを意識してか。。。
英詞ver.でやるのかもしれない。
どうも、横浜の『Brotherhood』のDVDの印象が強くて、
物足りなさを感じてしまう。
まぁ、それなりに楽しいんだけど、もっと激しく頼むよ~。
その時のテンションによって違ってくるし、しょうがないね。

09.ultla soul  
また今年もですか!?
これで結構自分のテンションがダウンしてきた。
決して嫌いってわけじゃないけど、
ライブでは聴かなくてもいいと思ってる曲だ。

かなりギターソロやアレンジが変わっていた。

松ちゃんソロ   (稲葉さん舞台袖へ、衣装替え)
なにやらブルースっぽいフレーズを弾きだして、、、もしや…
キタよっ!

10.雨だれぶるーず  
さっきの盛り下がりから一気に急上昇!
ひぃ~~~~~~っ!!
松ちゃんのギターに聞き惚れ、稲葉さんの搾り出す声にうっと~り。
でも、CDよりイマイチだった。
フェイクするようなところもちょっと変わってたし、
感情移入も表現力も不足なカンジだ。
もちろん演奏してくれたのは嬉しいんだけどね。
マイクスタンドで歌ってたけど、ここはナシでお願いしたかった。
身をよじるようにして、もっとねちっこくお願いしたい!

-MC-
「去年のツアーに来てくれた人はいますか~?」
「懐かしい質問をしてみたいと思います。今日、誕生日の人は?」
また、わらわらと手を上げる客。
「懐かしい質問に懐かしい反応」
「もっとみんなと歌えるように、昨年とはちょっと変えて作ってみました。」

もう、このMCを聞いてる時点で私は内心シラ~っとして、
あれは昨年だけでいいじゃん!
個人的に「Happy Birthday」やれよ!

11.Happy Birthday 
私も一緒にしっかり歌ったけどね。
かなり盛り下がりで、あと何曲残ってるんだろう。。。。
オッ!と驚かせてくれるような曲はやってくれないのか、、、

12.OCEAN   
で、またここでもっと奥深くにダウンしていく。
これもですか!?
まぁ、昨年ヒットしたシングルで一般受けがいいのは知ってるけど、
この曲ははっきり言って好きじゃない。
私にとっては面白くもなんともない。

13.MONSTER
ここでキタね。
でもイントロというか曲の導入部がCDとちょっと違ってたような。。。
なんだか始まりが迫力に欠けてるような気がした。
でも文句なしに(言ってるか)カッコイイ曲だ。

♪オ~イラのウエポンのほうがぁ~

で、むぎゅっと股間掴みいったね!
やっぱ私の妄想頭と同じじゃぁ~ん。
ステキーーーーー!!
って盛り上がったところで、次がコレね。

14.衝動   
まぁ、これは今年のシングルだからやるのは当然だろうけど、
このテのタイプの曲はどうもダメだ。
でも大半の客は好きなんだよね。
すっごい盛り上がりようだった。

15.愛のバクダン  
これもやるのか。
昨年のシングルはもういいんじゃないのぉ~
好きじゃないから、そう思うんだろうけど。
なんか、ずんずん盛り下がってきた。

16.LOVE PHANTOM
はぁ、、、曲順としてもなんだかピンとこない。
ナマで聴いたのはもしかして初めてかも。
好きな曲ではあるけど、LIVEではあんまりパッとしないような、、、
演出あってこその曲なのかな。。。

17.SPLASH!
これはLIVEでもカッコイイ曲だ。
この日はマイクスタンド無しで歌ってたけど、
マイクスタンドを振り回し、華麗にエロくお願いしたい。
       
18.明日また陽が昇るなら
ライブで会うみんなのことを思い浮かべて作ったというようなことを
言ってたと思う。
本編のラストにこういうちょっと涙を誘いそうな歌を持ってくるのは、
私としてはイマイチかな。
激しいアップテンポな曲で終えるほうが個人的には好み。

-アンコール-

19.ギリギリchop  
タオル振り回しはヤメにしていただきたい。
とにかく見えづらいし、うっとうしい。

-MC-
これからツアーがスタートするけど、ここでみんなに背中を押して
もらったような、、、とか、
「優しいね」なんて言葉も言ってた。
「横須賀にしてヨカッタね」と松ちゃんを振り返ったり。
まぁ、横須賀を持ち上げながら、来てくれてありがとう~とシメのMC。

20.RUN
とても好きな曲で、これはラストにはもってこいの曲だと思う。
もう感動したファンはウルウルするのかもしれない。
私はそうでもなかったけど。

「せぇのぉー!おつかれぇ~~~!!」


どこでか忘れたがバンドの音のズレも感じたし、
まとまりのない演奏だと思った。
しかも稲葉さんのイアモニが調子悪かったようで、
時々舞台袖の方で調整したり、
ずっと気になってたようで歌いずらそうだった。
音がとりにくかったようで、音程も微妙な箇所があったと思う。
そのせいか、さほどのテンションでもなかったような気がする。
今後は改善されるでしょうけど。
こんなラフさが「SHOWCASE」の雰囲気なのかもしれないけれども。


なんか読んでてもつまんないよね、こんなの。
やっぱりテンションの高い人のレポじゃないと、勢いもなく
盛り上がりに欠けた文章になる。
これはレポと呼べるものじゃなくて、
単にセットリストに関する感想のようなものになってしまったけど。

かなり聞き違いもしてると思うし、セットリストも覚えられるわけもなく、
某掲示板の書き込みを参考にさせてもらった。


総体的な印象としては、かなりポップで明るい雰囲気のLIVEだと思った。
そう、私の好みではない。
しかも曲の流れが気持ちよくない。
なんだかプツンプツンと途切れちゃってて、流れていかないカンジ。
私の個人的嗜好がそう思わせるのかもしれない。

今回のセットリストはAL曲以外では、一般的にも知名度の高いシングルを
選曲してると思うのだが、これはやはり新規のファンを取り込もうという
気持ちの表れなのか。。。。。
もしかしたら、最近の新規ファンの数が下降線を辿ってるのかもしれない。


はぁ~あ、「THE 7th BLUES」から1曲くらいやってくれるかなと
期待してたんだけど、残念。
で、bluesのセクションのようなものを設けてじっくり聴かせてくれるかと、、、、
『雨だれぶるーず』なんて力作があるんだから、聴かせどころコーナーが
あってもよかったんでないのかね?
みんながのれるような曲ばかり集めなくてもいいように思う。

手振りがついてこれないような曲が大好きなんだよぉ~!
「DEEP KISS」とか「LOVE IS DEAD」とか「F・E・A・R」なんてね。
「もうかりまっか」も一度ナマで聴いてみたい。

それにしても昨年と同じ曲を5曲もやらなくていいんじゃないかー?
他の曲が聴きたかったよぉ~~
もちろん、思い通りにならないのは承知だけど、、、、、
やっぱり多数派を対象にしてるわけだな。


なぁ~んてブツブツ言って楽しくなさそうだろうけど、
楽しくないわけが無いっ!
だって、そこに稲葉さんのナマの美しい肉体があって
あのエロヴォイスで歌ってくれるんだもの。
それだけで幸せな時空の中に浸っているに決まってるじゃん!

表向きは周囲と違和感無く溶け込んで、盛り上がってるようにしてたはず。
これは選曲やその他に関して内心で思ってたこと。
ファンサイトの書き込みを見ると、
多数の客が好感触のようだったが、中にはこんなファンもいる。


久しぶりのナマ稲葉さん
やっぱカッコエエぇ~~~(*´д`*)

行かないでぇ~~!!

ステージから去っていく後姿に追いすがりたい気分だったね。


スポンサーサイト

2006.07.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | LIVE

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。