スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

東京ドームLIVEレポ(2)

・・・東京ドームLIVEレポ(1)より続く


6 『睡蓮』
稲、松ともに定位置での演奏で私はジットリLEDを見つめる。
稲が感情込めて歌う切なげな表情にウット~~~リ♥
マイクを右手で握り締め、左手はマイクスタンドの上部に軽く添えられ、
その左手の小指が立っているんだけど・・・・きっと微妙に密かに小指が震えてるんだよね~~~なんて妄想しまスたーー
間奏、松のgソロがまた哀愁たっぷりの泣きのメロディーをシットリと聴かせてくれる。
場内は皆が演奏にただただ酔いしれてる静寂感が伝わってきた。
ドーム天井には睡蓮の花を模したような照明が点在してた。
LEDに映る稲、松の背景には睡蓮の絵が映し出されてたが・・・
雰囲気を盛り上げるのはいいけれど、稲松がよく見えんっ!


MC
稲「こんばんはー、みんな元気でしたかー」
客「ゲンキーー」
稲「東京の元気なぶっとい声を聞かしてくれぃ~~」
客「うぉおおおお~~~」
稲「イェィ!」
稲「久しぶりにデッカイ東京ドームに戻ってまいりましたー」(拍手)
 「あいにくの天気にもかかわらず、こ~んなにたくさんのみなさんがこの会場に集まってくれて
とても嬉しいです。有り難うございます。感謝してます。」(7日)

「いろんなところから来てると思うんですけど、ごらんのとおりにステージが360度と丸いんで・・・
どこ見ても目が合ってしまうっていう・・・目が合ったら見つめ合いましょうね!」
(自分で言いながら恥ずかしがってるよ~~~)キャワエエ~~~


「え~こうしてても・・・泣いても笑ってもどんどん時間は過ぎていくんで、、、、こう・・心をカラッポにして、昨日楽しいことがあったとしてもそんなことは思い出さない。
このLIVE-GYMが終わった後に居酒屋か喫茶店に行ってから思い出してください。(7日)
そして明日どんなに楽しい予定があってもそんなことは考えない。
心をカラッポにして、今目の前に見えるものを見て聞こえるものを聞いて、漂ってる匂い(香り)だとか雰囲気とかそんなものに、こう全身ド~ップリ浸かっちゃってください!」
この時の稲、頭に当てた手で全身を沈めるように抑えつけてズブズブ沈んでいきそうに身をくねらせるようなおどけた動きと顔の表情がカワエエ~~~(4日)

「口でカラッポになるって簡単に言っても、実際にカラッポになるって難しいんだ、これが。」
「できるかな!?」生徒に話しかけるような先生口調で。
「できますね!」「できるでしょう!」
「え~こうしてても時間はどんどん流れていきますんで、
こう流れに任せながらゆっくりとワイルドに楽しんでいってください!」

(MCはニュアンスだけで書いてるから実際の言葉とは違ってると思う・・・アシカラズ)
 

7 『Mannequin Village』
待ってました~~~!!私の一番の期待の3曲!
照明が薄暗くなり辺りは怪しげな雰囲気が漂い、女体マネキン10体がステージ上に登場。
稲はけだるそうにゆっくり歩きながら歌い、マネキンに触れていく。
初めは肩にそっと手をかけ、
後ろから手を這わせ腰から前左太腿へ手を滑らせ(ゾクゾクッ、稲の女体を這う手が美しい~!)
マネキンの横にしゃがみこみ左手で後ろから下半身に手を添えて太腿から股に手をあてがい
(キャーーーッ)、顔をすりよせそうな・・・・、
そして背中から後ろ手でわき腹から胸に手を這わせ、
向かい合って右手で脇腹から徐々に上へと手を滑らせて胸に到達するあたりで暗転。

もうこの時の会場の雰囲気は固唾を呑んで稲の手の動きに釘付けといったカンジで、声にならないうめき声のようなものが空間に漂ってると肌で感じられた。
このセクシータッチは4,5,7日と日を追うごとにあっさり目になっていったような気がする。

ちょっとぉー!
稲ぁーっ!!エロっぷりが足りないんじゃないのっ!!
ROCKなんだから、恥じらいなんかかなぐり捨てて、もっと大胆にじっとりまさぐって、
その美しい手で女体マネキンを舐めまわせよぉ~うっ!!
LIVEは非日常なんだかんねっ!!
自分のタガをはずしてごらんよっ!
カラッポになれないのは稲葉さんじゃないのぉ~~!
稲の触れ方には恥ずかしさと躊躇の色が見えて残念!
なんなら志凛が教えてあげるから~~、うっふ~ん

さて、この歌、大田さんと向かい合って身を屈めながらラップ部分を歌うところがツボ!
カッコエエーーーーーーーーッ!!!


8 『哀しきdreamer』
この曲大好き!
かなり気持ち入れ込んでるから、私の表情は異様な輝きと汗でテラテラよ~ん!アハッ
リズムに合わせて体を揺さぶりながら、時折奇声を発しながらジッポリはまってるぅ~~~
(周りの反応がウスイので私一人浮いてるけどお構い無しにノリノリィ~~~!)
こんな難しい曲を歌いこなせるのはそうそういないだろう。
稲の歌声にウットリだよーー
うまいぞぉ~~~稲葉浩志!
よっ!日本一!ってな気持ちくらいで眺めちゃってる私。ふふふ
ぬぅぁ~んといっても、最後に四つん這い状態で体を振り絞るように歌う稲の姿に
メロメロにとろけそうだよ~~~~
うっうっ妄想がぁ・・・・・四つん這い・・・・
キエィ~~エロくてステキィーーーーーーーーー


9 『BLACK AND WHITE』  (白タンクトップクロスのバックプリントつきに着替え)
そして私ぶっ壊れた状態でこの曲に突入だぁーー
ステージには松明のような炎が設置された。
マイクスタンド抱えながら膝を曲げて大股でベッタリと歩きながら歌い始める。
この姿大好きだよーーーモエモエ
(4日は2番から歌い出しちゃって、愛車を2回も磨いて車はピッカピカさっ!)
間奏の松gソロはステージ中央が高くせり出したところで炎に囲まれて演奏。
渋くて大人の色気漂う松もカッコエエ~~~
どこの歌詞部分だったか覚えてないが、終わりのサビあたり?で
マイクスタンドを股に挟み、右足で少し寝かせ気味のマイクスタンドを上下に撫でこすりながらベッチョリ歌ってる稲ぁあ~~~~~(5日)
(マイクスタンドになりてぇ~~~変わらせてぇ~~)
エロくてええよ~~~~!
と~~っても素敵!
そのエロパフォーマンスに花丸あげるよーーーー!!
エンディングの♪最期まで気づかないままぁぁあああああ~~~~~の
声の張り上げ具合が気持ちよい。
稲は曲終了と同時にマイクスタンドをステージに振り下ろして叩きつける。ドンッ!!
カッコエエ~~~!!



MC
稲「どうもありがとう」(拍手)
「ちゃんと後ろの方まで聴こえてますかーー?オ~~~イ!」
客「イエィ~~~」
稲「はい、大丈夫ですね」
「次の曲にいきたいんですが、みんなにカウントをお願いしたいんですけど・・・
やってもらえますかー?」
客「おおお~~」
稲「やってくれるんですね。カウントってワン、トゥー、スリー、フォーなんですけどね、
じゃ練習してみますか!一回練習してみましょう!」
客「イエィ~~~」
稲「はい、いきますよ~~~。せぇのぉー!」
客「1.2.3.4」声が出てなくてバラバラな感じ。
稲「だらけてんじゃないのっ!」(5日)
稲「(笑)気持ちはわかるっ。こういう大きい会場だと時間差でね、ズレルんですけど、
ワワワワワン~~トゥトゥトゥトゥトゥ~~~ススススススリ~~フォフォフォフォ~~ってね。
それも、また楽しいんですけどね。」
(この時の稲は体をグニャグニャさせながら客のカウントの真似をして見せる)(4日)
稲「じゃあ、もう一回練習しましょうか!ハイ、しますよー!マジでいきますよー!」
「せぇのぉ!」
客「1.2.3.4」
稲「いいんじゃないのぉ!」となよっとカマっぽい言い方。
稲「じゃ本番いきますけど、今のよりもっとぶっとくてギュッっとしたやつを下さい!」
「そのつもりで来たんだろぉ~う!欲求不満なんだろぉ~う!」(5日)
そうだよっ!
稲に欲求不満解消のお相手してもらおうじゃぁ~ないのっ!!!
稲「最後のカウントやるぞぉ~うっ!せぇのぉ~!」
客「ワン、トゥ、スリー、フォー!」
(5日からLEDにカウント番号が表示)


10 『ALONE』
イントロから客の間に手拍子が始まって・・・・
え~~~っ!バラードを手拍子で聞けってか!?とウンザリしたものの(7日)、
徐々に手拍子は止み、会場内に稲の声が染み渡っていくようだった。
これは、最後のメンバー全員の美しいハーモニーが重なる合唱が聴き所。
♪I was born to~♪(みんなウット~~リのご様子)


11 『今夜月の見える丘に』
松gイントロが流れ出すと場内に歓声!
ファンの間ではナカナカの人気曲のようだ。
私のツボは、サビ部分
♪手をつ~ないだら い~ってみよう~
稲はマイクスタンド下を前方に投げ倒し、前後開脚の特異のポーズでサビを歌う。
横から観る稲の姿勢が美しい~~~
前に折り曲げた足の角度はほぼ90度。マイクをぎゅっと握る上半身は背筋力に物いわせ
凛と真っ直ぐに、後ろに反らせた足はステージにつきそうなくらいに湾曲させて・・・・
その熱唱スタイル大好きだぁ~~~~!カッコイイ~~~
そして稲の口元!
♪つ~ないだら・・・の『つ~』のところでの口を前に丸く突き出すその
口元がカワエエ~~~
で、表情が眉も目もタレ気味に切なげな表情がと~~~ってもモエモエ
間奏の松gソロは今まで聴いたことの無いようなアレンジになってると思えたが?
丁寧に奏でられるgソロに聴き惚れた。
松もカッコエエーーーーー!






次回に続く・・・







スポンサーサイト

2005.09.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | LIVE

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。