スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

無理かも...

東京ドームLIVEの第一日目(10日)に参加してきた。


ライブレポではないので、その目的で検索してこられた方は
他で楽しんでください。




初めての2階スタンド席。
しかも後ろから数えた方が早いくらい後ろのほう。
全体の眺めは、殆ど遮るものがないくらいに開けているのだけれど、
やはりステージやLEDがかなり遠く感じられた。
LEDに映るメンバーの表情もわかるようなわからないような....
で、持参したオペラグラスでず~っと観てた。
そして半分くらいは座りながら観てた。

また、音が反響して時間差で二重に聴こえてくるし、音も割れてる。
MCなどはかなり聞き取りにくい。
殆ど踊りも歌いもしなかった。
だから汗も出ていない。
なんだかじっくり稲葉さんを観察してるような気分だった。
バードウォッチングならぬ稲葉ウォッチング気分。

事前にネタバレを見てるので、ある程度、予感はしてたが、
やっぱり熱くなれない。

なんだろね....
B’zのライブでは腹の底から楽しむのは、
私の嗜好からして無理なのかもと改めて思った。

そもそもLIVEに演奏以外のものを必要としていないし、
ましてや、B’zのLIVEで構成される演出やMCなどは、
私の感覚からして、どちらかというと嫌悪感を抱くタイプの内容が多い。
演奏することが、彼らの表現手段なのだから、
それだけでいいじゃないかと思うのだけど....
どうやら市場はそうではないようだ。
まぁ、それはいいとして。

これは受けて側の私の問題なのだろうと思う。
趣味が違うってことだろうか。
こんなにMCや演出のあるLIVEはB’zしか観たことがないし、、、
jazzや外タレのLIVEは間断なく演奏されるステージばかりだし、
そんなLIVEしか観たことがないから、どうもB’zのLIVE構成は、
私と相性が良くないようだ。

それで、今回初めてオペラグラスで観たことで、
とっても冷静にというか、本当に観察するように歌ってる時の表情だとか、
動きだとか、目つきとか、汗の出具合とか、声のトーンとか、、、、
そんな諸々のことから、稲葉さんの裏側を勝手に感じてしまう。

もしかしたら、私自身の気持ちが投影されたものとして、
そこにいる稲葉さん像が感じられてるだけなのかもしれないけれど。
どんなふうに感じられたかはここには書かないけれども、
ただ一所懸命に仕事してるんだなとは思った。


そして、こんな気持ちでまた明日あさってとLIVEに行くわけだ。
またオペラグラスで観察するのかどうかは、その場に行ってみなければ
わからないけれども、その時の自分の気持ちのままに観てこようと思う。

私と隣り合わせた客は気持ちが引いてしまっただろうか....
結構はしゃいでいたけれども内心は、静かに観察し続けるこの客を疎ましく
感じていたのかもしれない。
こちらも客だから、迷惑にならないかぎりに好きなように楽しませてもらうさ!
決して、マナーは悪くないはず。


こんな私でも、やっぱりナマのB’zが観たいんだよ!
ナマの演奏が聴きたい!

スポンサーサイト

2006.08.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | LIVE

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。