スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

虚脱状態

9月になった途端に朝晩の風はやけにひんやりとして、
陽射しの強い日中でさえも風は乾いているようで、すっかり秋模様だ。


そして、しばらくはナマ稲葉さんに会えないし....
ライブが終わったら、妙に今年は寂しいのだけど....
会えないと思うと実に悲しいぃ~~




もちろん、いつだって稲葉さんは遠い存在であって、
私の現実の世界で、たとえライブ会場でナマ稲葉さんに会ったとしても、
それはやはり現実感の乏しい夢のような出来事のように思えるし....
むしょうに今年は、稲葉さんとはものすごぉ~~~い距離の隔たりを感じて、
なんだかぼわぁ~んとして、ここ数日は虚脱状態である。

日課としている運動もファイナル以来サボっていた。
さすがに今日は身体の鈍さが感じられ、
そればかりではなくて、内面の澱んだ空気を吹き飛ばすためにも
運動して汗を流した。
そのおかげか、心身ともにいくぶん軽くなったかもしれない。



しっかりと秋の訪れを実感したせいなのかどうかは知らないが、
久しぶりにふらりと図書館へ行ってみた。

特別に目当ての本があったわけでもなくて、順番に書棚を眺めながら
興味が引かれた本を手にとってパラパラとめくってみては選んでいった。
途中で座り込んで読み耽ってしまったり....
そんなこんなしてるうちに、随分と長い時間、図書館で過ごしてしまった。

図書館にいると、自分の中ではゆっくりとした時の流れにあるのだが、
実際には、当然のごとくに決まった早さで時が過ぎているわけで、
自分の予想以上に時間が経過していた。
図書館では、何故か自分の時間感覚が狂ってしまう。


さてさて本を借りてきたはいいが、やはり集中できない。
ライブ前に棚上げにしておいたことも片付けなければいけないし、
新たに始めようと思っていたことにも手をつけたいし、
頭の中は混乱してるし、気持ちもどこにあるのか定まらない感じで、
結局はぼ~~っとしてるだけで、自分でもよくわからないような状態だ。


なんなんだコレはっ!?
燃え尽き症候群ですか!?


今年のライブでは燃え尽き感は味わってないんだけれども....
って、今までにもないけれど.....


「会いたいよぉ~!稲葉さぁ~~~ん!!」


マジッ会いてぇーー!





スポンサーサイト

2006.09.02 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑感

コメント

こんばんは、志凛さん。

僕も、昼間はまだまだ残暑が残っているものの
朝晩は秋の気配をヒシヒシと感じています。
蝉の声もあまり聞かなくなりましたし。
正直、もう秋ですか?くらいに、時の流れを早く感じます。
こうしてまた一年が過ぎるのでしょうね…。

>久しぶりにふらりと図書館へ行ってみた。

志凛さんは、「読書の秋」を満喫される予定でしょうか。
そういえば、僕の頭の中に蠢いていた「川端康成」という名前は
もうどこかへ行ってしまいました(苦笑)
来年こそは、来年こそは絶対に読もうと思います(笑)
(秋に読破する予定はなし 苦笑)

>なんなんだコレはっ!?
燃え尽き症候群ですか!?

僕も、27日以降なんとな~く日常に気だるさを覚えています。
おそらくTAKに魅了されたせいでしょう(笑) 松本さんのせいですっ!
帰って速攻で『華』やら『恋歌』を聞いて感傷的になったせいですっ!(笑)
「TAK、大好きだ~!!!」


大学生の夏休みはまだまだ続くのですが、
ちょっとバイトを減らそうかと考えています。
別にバイトを休んだからといってすることが
あるわけではないのですが、ただ何となく。

2006-09-03 日 23:17:05 | URL | Magnolia # [ 編集]

こんばんは、Magnoliaさん。

>志凛さんは、「読書の秋」を満喫される予定でしょうか。

8月は殆ど読書してませんでしたから、ライブも終わったことだし
そろそろ本でも読んでみようかな...という気持ちになりました。
読む本がなくなれば、図書館に出かけて借りてくるのが日常的になっているので、
特別に「読書の秋」というわけでもないですね。
過ごしやすくなった夜に、気の向くままに読書を楽しみたいです。

ところで、『鼻』読みましたよ。
そういえば、あったかもしれない...と自宅の本棚の奥のほうを探してみたら、
カバーのついていない文庫本が出てきました。
ず~っと前に古本屋で買い求めたもののようでした。
たぶん、ちょっと読んだだけで忘れられたまんまだったのかも。(^_^;)

ファイナル前に一読しただけですが面白かったです。
でもMagnoliaさんほどに心酔するまでにはならなくて、
私は『芋粥』のほうが好みですね。
芥川作品は何度も読み込むと、面白さが増してきそうですね。v

Magnoliaさんと川端康成さんとは、今はきっとご縁がないのでしょう。(笑)
いつか本当に読みたいと思えた時には、スッと手に取られるのかもしれませんね。
本との出会いもタイミングだと思います。


>「TAK、大好きだ~!!!」

かなり松本さんにヤられてしまったようで...(笑)
『華』や『恋歌』いいですよね~。
叙情的なメロディーが美しく、TAKのロマンティストぶりがうかがえます。
私はこのALでは、なんといっても『御堂筋BLUE』が色っぽくて好き!
これからの季節、この和テイストのALでうっとりしちゃってください。
そしてTAK妄想へと...(笑)

まだ夏休みだったのか...羨ましい~~~!!
アルバイトは、長時間頑張ってる日もありましたよね。
すっかり仕事も慣れたでしょう。
何にも追われない、ゆっくりとした時間があるのもいいと思います。
これからは「モノ思う」秋ですから☆

2006-09-07 木 22:37:35 | URL | 志凛 # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。