スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ちっとも...

興奮できない。
熱くならねぇ~~。
なんでだろう....


いつもと違って、いまかいまかと待ち望んでいたものではなかったからか....





“MONSTER’S GARAGE” DVD



前回の記事で触れていたように、予約したのがあの後の17日。
どうせ届くのも遅いだろうなとフラゲ日には気にもしていなかったのに、
しっかり19日に届いた。
やるじゃんamazonさん!
期待していないと言っても、目の前にあれば気になるもので、
とりあえず『OFF LIMITS ~HOW TWO MEN CREATED A MONSTER』から鑑賞した。
それぐらいのちょうどよい時間がぽっかり空いたから。
で、次は深夜にでもLIVE編をダーーーッと一気に見てしまおうかと思っていた。

ところがね、ドキュメント映像を見たら、
もう同日に次のLIVE編を見る気がなくなってしまった。


なんと説明していいかよくわからないけれども
私に行動の美学のような「学」がつくような立派なものはないにせよ、
それと似たようなものが多少はあったとして、
その辺のところが影響しているのか、その映像内容に違和感を覚えた。
本人たちはもちろんカッコイイけれども、映像で表現される内容が、
私にはカッコイイとは思えなかった。
で、今までのドキュメント映像ではいちばん面白くなかったし。

もちろん、一枚のDVDとしてまとめるには制作者の意図があって、
それを元に構築されたものであるとは思うけれども、
そこが過剰に表立って表現されているように感じられて好きじゃない。
鑑賞する者に対して、どこか押し付けがましさを感じてしまう。

ステージの裏側にだって興味がなくはないけれども...
そこは商品として公にするわけだから、売り物にしたい内容だと思うところの
価値基準がたぶん私とはまるで違うのだろうな......と思った。




結局LIVE編を見たのはドキュメント映像を見た翌日である昨夜。

やぱ~りね。
事前に無料動画を見てだいたい予想はしていたが、
ほんとにカメラの切り替わりが多くて、かなり目が疲れた。
DVDはLIVEとは違って、自分が見たいところが見られるものじゃなく
カメラが追った映像を見せられるものだけれども、
そこに大きなズレがある場合には満足できないものになってしまう。

でっかいドーム会場では確認できない稲葉さんの表情や動きなどの
詳細がDVDでもあまりわからねぇ~~~~
いつものDVDと比較すると稲葉ショットがかなり少ない。
しかし個人的な好みは別として、映像作品としてはなかなかイイと思った。
映像に勢いがあって、LIVE会場が躍動感たっぷりに表現されているし、
画質も色もキレイで音質もクリアで素晴らしい。
そして、とっても奥行きが感じられる立体的な映像で
ステージや会場全体の広がりを見せてくれる。

なんといっても稲葉さんの歌唱力はズゴイ!
TAKの演奏も聞き惚れてしまう。
多少のぶれがあっても、あれだけの演出を交えながら
確かな演奏力が保てるというのは素晴らしい力量だと改めて感心した。
なんだかんだ言っても、やっぱりB'zからは目が離せない。


ここのところはハァハァ志凛さんじゃないから、ちょっとエロ錆びしている。
もちろん萌えショットはあったけれども、そういうことを書く気分じゃないようだ。
しかも明日の演奏曲は『衝動』だし....
え~~別にいいんですよー。
大多数がお好きな曲で、にぎやかに盛り上がるでしょうからね。
年末MステSPには妥当な選曲でしょう。



スポンサーサイト

2006.12.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。