スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

10年もの

「10年もの」なんていうと、
何やら熟成発酵させたような美味そうなものを想像されるかもしれないが、
ここで話題にしようとしているものは使えば使うほどくたびれてしまうものであり、
感嘆に値するような代物ではない。

本当は捨ててしまおうかと思って、とりあえずはしまっておいたのだが
今季初登場!





それは、なんてことのない黒のニットのカーディガン。
しかもウールじゃなくてアクリル素材の安手のヤツ。
デザインは襟があってボタンが8個あり、左右にポケット付の丈長。
ついでに購入金額はバーゲン価格で1900円だったと思う。

最初の1,2年は外出着として着用していたが、
それ以降は格下げされ、ずう~~っと部屋着として愛用していた。
1900円以上の働きをしているスゴイやつだ。
なにしろ着心地が最高にいいー。
カシミヤのような風合いで軽くて暖かい。
デザイン的にも「きちんと感」があって、
急な訪問者に対しても見苦しさを感じさせないだろうと思う。
そして便利なことに、抱えた両膝をすっぽり包み込んでしまえる。
夜のベランダでは寒さしのぎになるわけだ。

10年ものって、ずいぶん毛玉がゴロゴロしていると思うでしょ。
ところがそうでもない。
さすがに毛羽立った感じはあるけれども、意外にしっかりしている。
でもね、ポケットの辺りから少し綻びてきてしまい、
もうお蔵入りにしようかと思っていたところ。
時にはティッシュを突っ込んでいたり、小銭を入れたり、
紙くずを入れたりして「とりあえず」の場所として使っていたポケット。

でも、ふとまた引っ張り出してきて、今着ている。
やっぱり着心地がええわぁ~~~。
だって10年もこのカラダに密着して馴染んだカーディガンなんだから
お互い気心が知れているというものだ。(笑)
古女房は最高ぅ~~~ってなカンジなのかしら。
(でも、車も洋服も女もなんでも新しいものにかぎるなぁ~ってヤツがいたなぁ)


もちろん新しいものは新鮮でドキドキするときめきがあるには違いない。
「B’zファン6年モノ」の私。
確かにドックンドックンとたぎるような思いは今はない。
でも、いろいろ味わってきていることで、
「志凛の稲葉さん」ってな勝手な親近感は濃くなってきている。(笑)



質は違えども、新旧それぞれの良さがあるんだろうな。
ある人にとっては私は新しい人であり、ある人にとっては旧知の人。
それぞれの印象はきっと違うと思われる。





稲葉さんに対しては新旧どちらの良さも欲しいと思う私は
やっぱり欲ばりか?
久しぶりにハート目になって
ドッキンドッキンしてみてぇ~~~!!


は!?
私次第ですか?


..かもね。





スポンサーサイト

2007.02.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑感

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。