スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

深夜・・・そして早朝

この時期は、ベランダにあわてんぼうのようにバタバタとせわしなく蝉が墜落してくる。
思い煩う間もなく終わる蝉の一生なのか....

そんな人生も悪くない。










この夏さんざん言ってきた言葉だから、もう言いたくもないのだが、
峠は越えたようなものの、まだまだ残暑が厳しく攻めてくる。
でも、やっと人心地できるようになった「お月さま」の時間帯。



深夜から早朝にかけて、
あたりは殆どが寝静まり静寂に包まれるかと思いきや、
そうはいかない都会の夜。

日中の人々の生活音が消え去り、
自然界の囁きさえも聞こえるはずなのだが、
際立って耳に届けられる音は、グゥォ~ンと振動するように響く無味乾燥な機械音だ。
家々の空調の室外機が一律に震えている。
まるで人の目を盗んでは、
やおら這い出し跋扈する闇の世界の不吉な支配者のようだ。




誰もが知らず知らずジリジリと襲われているのだ、きっと。








スポンサーサイト

2007.08.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑感

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。