スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「過去」のオシャベリ

グラスを口に運ぶたびにカラカラと音がする。
グラスと氷がはじき出す音。











ハーブティーの中で少しずつ融けて、
キューブアイスの角がとれてくる。



キィュゥ~ッ...プツプツプツプツ..チチチ...

氷に閉じ込められていた気泡が弾けてしゃべりだした。

キィ~~ュッ....プツプツプツプツ....
固体が軋み、押し出される気体。




このオシャベリな気泡は今この時ではなくて、
過去に遡った時点で形成されたものだ。


ということは、「過去」が語りかけてきたと言えなくもない。





どんなオシャベリが聞こえてきたのか....











ソノとき、成長中の氷は聞いていた。




きゅぅ~~ぃーっ....
しり○、さ○○ー!○う○○ん○き○い.....
だめっ...
プツプツ......





あっ!稲葉さんと一緒だったときに

作られた氷だったのか....







その妄想頭を氷で冷やせっ!(苦笑)







スポンサーサイト

2007.09.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 浩志凛

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。