スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

人間攪拌機

秋も深まりつつあり、
湯船に浸かっているのが気持ちいい季節になってきた。




いなばさぁ~ん、めんどくさがらないで
いっしょに、ゆぶねにつかってあったまろうよぉ~(*´д`*)










自宅のお風呂には追い焚き機能があって、
スイッチを入れておけば、常時適温を保っていてくれたりもするけれど、
光熱費がもったいないからそんなことはしない。
いったんお湯を沸かしてしまえばスイッチを切ってしまうわけで、
時には入浴するのが予定より遅れて、ぬるくなっている場合がある。
そんな時にはもちろん追い焚き機能を使うわけだ。

そこでだ、私はただお湯に浸かって適度な熱さになるのを
じっと待っていたりはしない。
浴槽の中で足を投げ出して座っている体勢なのだが、
まずは両腕で支えて下半身を持ち上げる。
水の浮力のおかげで下半身は簡単に浮くわけで、
その体勢のまま足を交差して腰を左右にひねりながら、
追い焚きされてくる熱を分散させている。
時には、こうして自分の足腰で浴槽内のお湯を攪拌するという、
人間攪拌機になっているのだ。


ふっふっふ、お察しのよい方はもうおわかりかもしれないが、
ただ攪拌することだけが目的ではなくて、
これは腰まわりの贅肉を落とすための運動にもなっているんだな~。


でもね、果たして、これが効果的なのかどうかはわからないけど...
効果が期待できるほど頻繁にやっているのでもないしな....
まぁ気休めかもしれないけど、
一挙両得ってことで、自分ではとってもエライ気になっている。
とりあえず運動だもの、やらないよりはやったほうがマシだろう。






むむ、ここで突然思い出したが、
教師がある目的を掲げて生徒に日々課した事があったが、
その課された事は、どうもその目的と結びつくとは思えなかったし、
むしろ生徒に弊害を与えかねない側面もあったので、
数週間後に目的通りの結果が得られているのかどうかを訊ねてみた。

教師の答えはかなり曖昧模糊としていて、
結局、やはり当初の目的とは結果的にズレていたわけで、
問い質すと、挙句の果てには、
「意味がどうであれ、やらないよりはやったほうがマシだろう」
と言った。



はっ!?




あきれ返って、もう反論する気にもなれなかった。
無意味なこと、ましてや害になりかねないことをやらされたら、
こっちが迷惑するんだよーーーっ!!


マジでお話にならないくらいに、
あらゆることで無能な教師だと思った。








またもや話が飛んだ。







志凛が飛んだ。


稲葉さんに着地したい。










スポンサーサイト

2007.10.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑感

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。