スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ヤバイ添加物アリ

もうだいぶ前から健康志向が始まっていたと思うが、
今でも「天然・自然」と銘打っていると
フラフラと吸い寄せられがちな人が少なくないだろう。










新聞記事で見つけたものだが、
天然添加物であっても、必ずしも安全であるとは言えないようだ。
今までは「食経験」があるものからの添加物ということで
あまり問題視されてこなかったようであるが、
既存の天然添加物についても安全性の確認作業に着手しているらしい。

ちなみに、武庫川女子大の松浦寿喜教授の言葉として
「添加物は人の体に必要なものではない。減らせるものなら減らしたほうがいい。
ただ、天然=安全、化学合成=危険という発想は変える必要がある」と掲載されていた。



確かに「食」は安全であるのが望ましいことだと思うが、










「人」には毒気が欲しい~~~~!!


と、思った。




同じ趣味や目的があって集う人々数名。
私にとっては殆ど初対面の方ばかり。
終了後に食事をして談笑すること一時間ほど。


なんだか疲れた。_| ̄|○
その間、自分が違う人間になっていたような気がする。
ふだん使い慣れない敬語や丁寧語の連発であり、
しかも自分には面白いと思えない興味のない話題が殆どで....
それに共通する趣味で集まったとはいえ、
どうもその趣味の位置づけが他の方々とはちょっとズレているというか、
お遊び的感覚で軽いノリのいい加減さのようなものを、自分だけに感じた。
いえね、私はそれがいいんだけどね。


たぶん、この方々とは、
今まで全く接点のないような世界で生きてきたのだろうな...
第一印象でしかないのだけれども、
たぶん「いい人」と言われたことのある方たちなのかもしれない。
不確かな記憶力ではあるが、
私は今まで「いい人」と言われたことがないと思う。
(「いい人」じゃないんだから当たり前だ!)
いくら私が丁寧語でオスマシして話しても、
彼女らと比較するとかなり早口で、どこか攻撃的だったり、
とても素っ気ないような冷たい口調なのかもしれないと感じられた。
なごやかな雰囲気のままに散会したけれども、
共通の趣味以外では、たぶんご一緒することはないだろう。



途中の駅で一人でお茶してから帰った。はぁ~あ。






やっぱ私ってケガレてる!?



....だろうな!



でも、毒と薬は匙加減。




稲葉さぁ~ん、

あんまり「いい人」にならないでくれぇ~!

アータの毒気を見せてくれぇーーっ!











スポンサーサイト

2007.11.02 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑感

コメント

添加物

こんばんは、志凛さん。

志凛さんが書かれている記事内容とは
かなり乖離するかもしれませんが、「添加物」という
言葉を見て思い出したことがあります。

某コンビニが展開している広告に、「保存料・合成着色料は、
一切使用していません。」といったコピーを使ったものがあります。
でも、どうやら「保存料・合成着色料」を使っていない「食品添加物」は
沢山あるわけで、決してこの広告は「食品添加物、ゼロ」を謳ったものではないと。
でも実際問題、そこまで深く考える消費者は少なく、この広告を見て
「食品添加物・ゼロ=安全」という図式を安易に頭の中で成立させているんでしょうね。
また、そういった優良誤認こそが、この広告を展開している
コンビニ側の狙いとも読み取れます。
確かに、この広告のどこにも「嘘」はありませんからね。

とまあ、以上は全てゼミを担当してくださっている教授に教示していただいたことです。
こんなことを大学で学びながら、論文なんぞを書いている今日この頃です。

2007-11-05 月 01:14:36 | URL | Magnolia # [ 編集]

こんばんは、Magnoliaさん。
論文に取り組んでいらっしゃるというお忙しい最中に、
貴重なコメントありがとうございます。

>某コンビニが展開している広告に、「保存料・合成着色料は、
一切使用していません。」といったコピーを使ったものがあります。

わざわざこのように表示されると、Magnoliaさんがご案内のように、
私のような浅はかな消費者は何やら安全であると早合点してしまいがちです。
でもよくよく原料を見ると添加物はいっぱい使用されているわけで、
ふつうに考えても保存料・合成着色料は添加物の一種であり、
添加物の全てではないですものね。

しかしながら「一切使用していません」という言葉は
「安全」を想起させるにはかなり効果的な言葉だと思います。
これがコピーの狙いである優良誤認ということになるわけですね。
詐欺ではないけれど、なんだかハメられちゃってるような気になります。(笑)
それこそが広告の威力というものなのかもしれませんがね。

こういった広告に関するMagnoliaさんのコメントが参考になり、
ちょっと広告の見方が変わってきて面白いです。
ありがとうございます。

論文作成が順調でありますように!

2007-11-05 月 22:03:18 | URL | 志凛 # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。