スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

遊びの思考

この発端は聞き違いから。


「そんなこと言ってないよ」

「・・・・・って言ったのに」




いや待てよ、それいいかもね!








「じぃーこんぶ!?」








「G昆布」がどうしたこうしたと聞こえたらしい。




「G」と「昆布」はなにやら相性が悪くないと思えた。
あくまで個人的なイメージだけれども。

AでもBでもピンとこない。
FやMなんかは、それ以上にダメ。


「こんぶ」という撥音と濁音の組み合わせの言葉の前には、
音的に母音を伸ばす音のほうがしっくりくると思う。



で、そんなことを考えながら相性が好いアルファベットを
選び出してみたらば、


「G昆布」「J昆布」はいいんじゃないのぉ~





そこからもまだまだ何の役にも立たない思考が続くわけで、、、、、





「G昆布」・・・別称「老獪昆布」
肉厚で深く濃厚なダシが出るが、ちょっとクセがある。
佃煮としても好まれる。


「J昆布」・・・別称「青二才昆布」
軟弱な食感ではあるが、一般的に愛好される素直なダシが特徴。
好みで、どうにでも料理できる。




まぁ、これらは音の響きからイメージして思考された、
何の役にも立たない無駄な思考ではあるが、
一度、面白そうだと感知して意識がその一点で立ち止まると、
もうそこから脳内で遊びが始まるのだ。
もちろん、そんな遊びの思考が入る余地のない状況であれば、
そのまま捨て置かれて忘れてしまうのだが。
もっとも、忙しかったり、物事に没頭しているときなどは、
面白いと思って立ち止まることもないのだろう。

たとえば、こんなときに似たような思考で遊べる相手がいると、
一人で考える以上に盛り上がり、ひとしきりかなり楽しめる。
腹を抱えるほどの爆笑の渦で、涙目になるほど笑いころげることもある。



なぁんてね、やっぱりこんな無駄な思考で遊ぶなんて、
かなりの阿呆だと思われるだろうな...
でもこういうアホな自分が好きなんだなぁ~。

できれば、こういう遊びの思考が始まるところに、
稲葉さんが居合わせてくれたら、どんなに楽しいことだろうか。。。
絶対、いっしょになって、
くだらないことを妄想してくれるような気がする。
   ↑
   ↑
   ↑
頭の中は便利だね。
願望どおりに思い巡らしたり、
好ましくない現実であっても、
自分に都合よくまとめて解釈できるもの。


.......だから、どうにか前に進めるのかも。








スポンサーサイト

2007.11.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑感

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。