スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

標語集

心に沁みてくる言葉として、
励まされる方もいらっしゃるのかもしれませんね。












〔若者諸君へ〕

・ピュアな細胞をもっと動かせ!
・不安を全部忘れるほどに、一心不乱に汗をかきまくれ!
・才能だとか運だとかは二の次、最善をつくせ!
・ケチな弁明なら捨てちまえ!
・何の役にも立たなくてもいい、一心不乱にその腕を磨け!
・街の騒音に惑わされるなら、時を忘れ、がむしゃらにひきこもれ!
・プアなハートを燃やしつくせ!

                            B’z『一心不乱』より引用






〔倦怠期のアナタへ〕

・テレビ消してむきあいましょう!
・今一度、互いの名前をはっきり呼びあおう!
・もっと敏感に生きよう!
・いつも今のオマエ(相手)を見よう!

                     B’z『オレとオマエの新しい季節』より引用






これらの標語はお役に立ちそうですか?






『ACTION』もいいけれど、
『人生応援歌』というタイトルでもピッタリなんじゃないか!?








どうせ言われるなら、
直接的な言葉じゃなくて、さりげなく言われるほうが嬉しい。
匂わせてくれるだけでいいんだけど....
というより、私はあんまり励まされたくないかも、
特に稲葉さんからは。





「言葉の魔術師」として崇めていた稲葉さんだけれども、
今回のALの歌詞に関しては違和感を覚える。
歌詞の文体というか、表現方法に馴染めない。
内容的にも、表層をなぞって纏め上げた印象で、
あまり魅力を感じない。

また、音やリズムへの言葉の据わりが心地よく響いてこなくて、
耳にひっかかりを感じ、聴いていて気持ちよくない。
そんな中でも『パーフェクトライフ』の歌詞は、
内容的にも構成に関しても、いちばん稲葉さんらしいと思う。


『なんという幸せ』の歌詞なんて、
あのウエットな曲調で聴くと、
最後のサビではどんどん悲愴感が漂ってきて、
悪いけど笑えてくる。
「歌えば歌うほど幸せから離れていく」と、
ラジオで本人が言っていたけれども、
必死さが滲み出ている歌詞でもあり、本当にそんな雰囲気がある。





稲葉さん、どしたん?










スポンサーサイト

2007.12.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 楽曲

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。