スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

退屈の達人

この年の瀬、忙しがっている人だらけ。

みんな、年末は忙しくあるべきだというような、
正しい年末の過ごし方をしていると安心できるのかもしれない。












なんだか日々忙しいことが、
社会的にも世間的にも必要とされている
価値のある人間であるかのように思えるのだろうか。
「いそがしい、いそがしい」と口癖のように言っている人には、
自慢気な誇らしさがチラチラ見えないでもない。




世間の忙しさとは無関係に、こんな時期であっても、
退屈を満喫して楽しんでいる人がどこかにいると、
私は思いたい。




「なんだか外は気ぜわしいようだなぁ~」


部屋の陽だまりの真ん中にひじ枕でゴロリ



「ふぁ~~~ぁあ...」



「おっ!いまのあくびはなかなかじゃないか!」

「隣の家にまで退屈が伝染しそうなくらいの
最高のあくびだったなぁ~、タイクツタイクツ」






退屈を退屈として楽しめる人は「退屈の達人」であると思う。

退屈であることを決して嘆いたりはせず、
退屈そのものにどんどん埋没していき、
ただひたすら退屈を貪りつくして満たされるのだ。
そんな「退屈の達人」に私は憧れる。



とてもじゃないが「退屈の達人」になるのは
容易なことではないと思う。
たぶん殆どの人が、空洞のような退屈があると不安になり、
それを払拭したいがために退屈を何かで埋めようとする。
退屈を退屈として受け入れられる人は
案外少ないのかもしれない。
自分の中に確からしきアイデンテティーなるものが存在しなければ、
「退屈の達人」たることは難しいことなのだろうと思う。









「なんだかんだと毎日忙しいですよね」



「いえいえ、私などはヒマでヒマで退屈しています」

と、ちょっと誇らしげに言ってみたい。
いつの日にかは。












スポンサーサイト

2007.12.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑感

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。