スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

横恋慕

[横恋慕]

稲葉浩志ソロアルバム3rd『Peace Of Mind』の収録曲。
この曲はアジアンテイストでありながらラテンっぽいノリを含んだ
今までになかったカラーの曲調がユニーク。


首すじを ちろりと 汗が這って落ちる
思わず 見とれてる 無防備な顔さらし


『ちろり』ですよ~~
今まで目にしたことの無い言葉の組み合わせ!
『ちろり』といえば火が燃える様を思い浮かべるのだけれど、
それを『汗』と結びつけ、妙に色っぽい汗を妄想させてくれる。
ステキーーーーッ稲葉さんっ!!
しかも、それを見逃さずに見とれてしまうあたりに
稲葉さんのエロ気を感じちゃうよ~~ん




oh キミはアイツのもの 知ってる
でも なりふり構わん テーブル蹴っ飛ばせ


人のものであろうが、なりふり構わずテーブルを蹴飛ばすくらいの勢いでもって
強い思慕を抱いてるのよね~
それくらいでなくっちゃ!
人のモノだと余計に燃えるんだよ~


どんな罰でも 受けましょう とまらない横恋慕
見事 飲み下して見せよ きっかりハリ千本
今に落ちてゆくのは 燃えたぎる谷間


ハリ千本を飲み下す罰まで受け入れようと思わせるくらいの『横恋慕』よー
ワ~クワクしちゃうよ!
『見事・・・・・見せよ』と『キッカリ』の言い切りの言葉が
『横恋慕』にかける意思の強さと思い切りの良さを効果的に表現している。
これから落ちて行くであろうと予想される『燃えたぎる谷間』は、
後半の歌詞に出てくる『地獄』であると同時に『横恋慕』の対象である
女性の身体部分の意味を含んでいるのね~
そうだぁー燃えたぎる谷間にハマって食われてしまえ~~ぃ!!

稲葉さんはエロくてええよ~ん
ていうか、そういうことを考える私がらしいのね。アッハ


キミに飲みほされた グラスがカランと鳴り
真剣に妄想中の僕は 蒸し暑い夕方に気づく


この歌詞は情景が見えるようだよ~
きっと、場所はオープンカフェなんかでテラスのテーブルに座ってる3人。
『キミ』に当たる女とその恋人が並んで座り、その向かいには『横恋慕』する男が座ってて
さりげなくもジットリ女の動きを盗み見ては妄想してドックンドックンしてるとこ。
そんな男の熱い眼差しに気づいてる女は、時々思わせぶりに男と視線を絡ませ、
わざと一気にウォッカフィズをグイッと飲みほして見せ、グラスをテーブルに置いたのね。
勢いよくグラスを傾けなければ、グラスの中の氷はカランと音をたてないもの。

『キミに飲みほされた グラスがカランと鳴り』は、いろんなことを物語ってる歌詞よね。
女の高ぶる感情と決心が感じられるし、その場の緊張感も漂っている。
そして女の欲望の渇きが見えるような・・・
ジットリと熱い妄想に浸ってる男に、
『カラン』という乾いた表現の音が対照的な蒸し暑い夕方に気づかせ、
現実に引き戻す。
また、その音が男に対する女のサインとも考えられる。
この言葉が勢いを持って場面展開していく合図のようにも感じられる。


oh 目の合う回数 不自然に
多いとはアイツも知らない 見えない糸を張れ


男も、女の意思を持って絡ませてくる視線に、目の合う不自然さを感じ取った。
アイツには見えない糸で女と結ばれた男は、
もうここからはアイツに遠慮することなく突っ走る覚悟よっ!


どんな言い訳も見つからない 明白な横恋慕
それなりの覚悟がなけりゃ この先は通せんぼ
天国と地獄はたぶん よく似たところさ


『横恋慕』に正当な理由があるわけもなく、突き動かされる衝動のみでしょう。
『ヨコレンボ』と『トオセンボ』とインを踏むところがウマイよね~稲葉さん。
このまま進めば女との悦楽の天国が待ち受けているだろうけれども、
同時にドロドロの人間関係に巻き込まれることにもなるし、
アイツから女を奪い取り、アイツの幸せをぶち壊し傷つけたという自責の念にも
苛まれるという地獄のような苦しみも伴う。
『横恋慕』は相反する世界が共存してるわけで、
それを受容できる覚悟がなけりゃアンタは通せんぼナンダカンネー
という自分に対する念押しでもあるのかな・・・


ぬけだしちゃお こんなうるさい店から 映画のように 劇的にyeah
手をとりあって 悲劇の主人公 きどって愛の逃避行


女の意思を知り勢いづき、覚悟を決めた男は女の手を取ってかっさらい、
アイツからも世間からも逃避行へとGO!
ええねぇ~
「稲葉さぁ~ん、私の手を取って逃げてぇ~~~!!」


誰もが線を越えたがる 禁じ手の横恋慕
甘い香りにひかれたら 戦争のスイッチはON
世界に平和がくるのは ずっとずっと先よ

もっともっと先よ

禁じ手だからこそ燃え上がり、線を越えたがるのだろう。
甘い香りにひかれた時点でもう後戻りできないのかもしれない。
尽きることの無い欲望を持った業深き人間は永遠に奪い合い、
争い続けるのかもしれない。
そして国単位での争いもエロ仕掛けのような戦略の駈引きで持って
奪い合い、争い続けるのか・・・
それはずっと永遠に続けられるのかも・・・

平和はずっとずっと、もっともっと先なのか・・・




この曲は色っぽくて好っきー!

私も稲葉さんに『横恋慕』されたぁ~い!


地獄の果てまで逃避行するぜぇ~~ぃ!



ていうか、『横恋慕』されるにはそれなりの器量をお持ちの方でないとね・・・・

アータにありますか、それが!?


ハイハイありませんですよーーっ!
な~んもねぇよーッ!!




でも、駈引きは得意よ~ん♥フフフ

稲葉さぁ~んキャモンキャモ~ン♥






スポンサーサイト

2005.09.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 楽曲

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。