スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

熱汚染対策

地球温暖化だけでも難敵なのに、ヒートアイランドが火に油を注ぐ。
と、昨日の新聞の社説に書いてあった。

ウムウム、まったくじゃのぅ。


温暖化とヒートアイランド現象は個別の問題ではなくて、
資源や環境問題などにも関わってくるだろうし、
相互に絡み合った問題として行政が総合的な対策を講じなければ、
いつまでたっても食い止めることはできないだろうと思う。

その社説ではヒートアイランド対策のモデルとして
ドイツのシュツットガルトが紹介されていた。
国内でも名古屋市の緑化対策や東京都の「風の道」計画など、
それぞれの都市で模索し、これから試みが始められるようだが、
その成果に期待したいところだ。











「最後の公害」ともいわれる「熱汚染」。
暑くなれば冷房を強め、建物からの排熱も増加する。
微力ではあるが、
せめて自宅からの排熱をなるべく抑えようじゃないか!

などという殊勝な心がけが主だったところではなくて、
経済的にも肉体的にも、
私の個人的な事情によるところが大きいのだけれども(苦笑)、
冷房は、よほど辛くない限りは利用しないようにしている。

とはいえ、やはり暑い!!
暑くて、汗が毛穴からフツフツと噴き出して、
肌がジットリ感で覆われてしまうのは、
私とて気持ちいいものではない。

My扇風機として、
常に私の移動に伴って扇風機がついてきてくれるならば涼しいけれど、
扇風機自身はもちろん歩いてくれない。

そこで考えた!
暑さ凌ぎの一例。



安くて手軽で快適だす!

まずは使いこなれた手ぬぐいを広げて、
その真ん中に保冷剤(小)を2個並べるでやんす。

horei.jpg



次に、手ぬぐいで保冷剤を横長にクルクルッと包み、
保冷剤部分の両端を輪ゴムで固定させるでやんす。
こ~んなかんじで完成でござる。

tenugui1.jpg



あとは、このブツを首に巻きつけるだけ。
襟足に保冷剤を当てると、冷んやりしてチョー気持ちいい~。
市販品でも類似品があるようだけれども、
100円ショップの手ぬぐいと、
ケーキを買ったときに入っていた保冷剤だから、何しろ安い!
保冷剤だって再利用!
手ぬぐいの端っこで汗も拭けるし、吸水性にも優れている!


一時間弱はもつかな...
保冷剤がぬるくなったら、また冷凍庫で冷やしておく。
保冷剤がいくつもあれば、とっかえひっかえ使える。


う~~~ん、ファッション性には欠けるけど、
家の中だから機能優先だっしょ。
オサレなデザインの手ぬぐいであれば、
俳優の中尾さん風にネジネジ巻いてみたりして、
巻き方をアレンジすれば、案外オサレかも?
さすれば、外出時の熱中症対策にもなるっすね。
保冷剤が一個だったら、大判のハンカチやバンダナでもOK。
その場合は対角線上に保冷剤を置いてね。



就寝時には、
高熱が出たときに使用するアイスノン枕を利用するのも、
なかなか快適ざんすよ。








スポンサーサイト

2008.08.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。