スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

見える月、見る月

月が雨雲に遮られて、光がだんだん霞んでゆく。


ああ...もう隠れて...
かと思えば、雨雲が風に追いやられて、月が再び顔を出す。












雨雲優勢の夜空では、輪郭も輝きもぼんやりとして曖昧な月。
決して美しいとはいえないのだけれども、
見え隠れする月の姿をじっと見つめている。

雨雲の向こうにいるはずの月の存在を信じて、
ある一点を注視して待ってみる。
いま眼前には見えずとも、確かに月を見ているのだ。
隠れていても、私には月が見えているような気がする。



もうだめか...
強大な雨雲の奥に、月は完璧に閉ざされてしまったようだ。
もはや見るべきものがないと、その場から立ち去る。


でも、きっと誰かには見えているお月様。







いまの自分には見えないけれど、誰かには見えるもの。
そんなことがいっぱいあるのだろう。

たとえば、ある人の優しい気持ちとか悲しい気持ちとか...


事象の表層を、単純に測って片付けてしまいがちだけれども、
本当はもっと複雑なナニカがあるのだろうと思う。
見たいと思わなければ、見えていると思い、
見たいと思ったときに、見えていないことを知るのだ。






お月様のこと...いいえ、今宵の空ではありません。










スポンサーサイト

2008.08.13 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑感

コメント

こんばんは志凛さん。

最近は全国的に愚図つく天気が続いていますね。
個人的には気温が低くなり過ごし易くていいのですが、
ゲリラ豪雨はちょっと勘弁してほしいです。
急激な河川の増水は勿論危険ですけど、
何よりも雷が怖いです(笑)

>いまの自分には見えないけれど、誰かには見えるもの。
そんなことがいっぱいあるのだろう。
たとえば、ある人の優しい気持ちとか悲しい気持ちとか...

学問の分野に「羅生門効果(ラショウモンエフェクト)」と呼ばれているものがあります。
これは平たく言うと、同じ事象でもそれを見る人(その人が置かれている状況など)によって
見え方が違ってくるということを指してつかわれています。
例えば1000円の商品Aがあるとして、それを小学生が買うことと大学生が
買うことではちょっと違いますよね。
大学生は「まあこんなもんか」と案外気軽に購入できるかも知れませんが、
月々のおこずかいが少ない小学生にとっては同じ商品Aもとても高価なものに見えてきます。
今回の記事を読ませていただき、この羅生門効果を思い出しました。

世の中のどんなささやかな、あるいは大きな事象も結局のところ、
他人の心を通してみることは出来ず、
自分の心を通してでしか観察できませんよね。
人の心なんて容易にわかるもんじゃないと
つくづく思います。
人と人がわかり通じ合うことが難しいのですから、
きっと国益だとか様々なことを抱えた国と国とが
わかり合い、同じ目標に向け歩むことは途方もなく
難しいことなのだと思います。
洞爺湖サミットで環境問題解決に対し、中国やインドから反発が
出てきた時も「分かり合う難しさ」をテレビ画面越しに感じていました。

2008-08-26 火 22:45:42 | URL | Magnolia # [ 編集]

こんばんは、雷が怖いMagnoliaさん。(笑)
コメントありがとうございます。

異常気象なのでしょうかね...
今年は、集中豪雨や雷など、例年以上に多いような気がします。
ここ東京では今夜も雷鳴が駆け巡り、穏やかな空ではありません。
自然災害があると自然の脅威を感じないわけにいきませんが、
それを増大させているのは、
人類の快適・便利さを追求する生活が影響しているのかも...と思います。
これは天地の怒りなんじゃないか!?などと、
非科学的な妄想まで湧き上がってきたりして。(苦笑)


>学問の分野に「羅生門効果(ラショウモンエフェクト)」と呼ばれているものがあります。
これは平たく言うと、同じ事象でもそれを見る人(その人が置かれている状況など)によって
見え方が違ってくるということを指してつかわれています。

「羅生門効果(ラショウモンエフェクト)」ですか。
またもや初耳な言葉ですが、こうしてMagnoliaさんがご紹介くださると、
何やらひとつ賢くなったような気分になるのですが、
実は、あっというまに頭から抜け落ちてしまうんですよね。
結局、賢い気分は一瞬だけ。(笑)

>世の中のどんなささやかな、あるいは大きな事象も結局のところ、
他人の心を通してみることは出来ず、
自分の心を通してでしか観察できませんよね。

まったく、何にしてもそれぞれが別々の心で見るわけで、
その見えたものが判断材料となって取捨選択され、
言動として表出されていくのでしょう。
事の始まりからして違うのだから、
そこを理解したうえで分かり合うというのは難しいことですね。
何事も相対的な問題なのでしょうけれども。

2008-08-29 金 22:25:42 | URL | 志凛 # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。