スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「好き」が重なる

始まりは、互いの一つの「好き」が重なって縁ができる。

その一つの「好き」が重なったのは彼女だけじゃなくて、
他にも何人もいたけれども、
彼女と縁ができたのは、たぶん私の意思が働いたからだと思う。
単なる成り行きだけでは縁はつながっていかない。


その時に作用したであろう私の意思がどんなものであるかは、
振り返って考えてみれば思い当たるというような、
後付けされたものであって、
その場で意識化されていたわけではないと思う。










初めのうちは、たったひとつの「好き」を共有して、
度重なるごとに、
それぞれが持っている他の「好き」がチラチラ見えてくる。
自分の「好き」と彼女の「好き」がいくつも重なっていく。
「好き」の細部も重なっていく。
重なる「好き」でも内実の違いが見えると、
これまで以上に私の「好き」が広がっていく。


「好き」が重なると単純に嬉しくなるもので、
いかに、ここが、これゆえに・・・・と「好き」が弾みだす。
自分のシコウ(嗜好・思考)が他者と共有されることによって、
自己肯定感が得られ、私の「個」は安定する。


知り合ってからまだ一年にも満たないが、
彼女とは昨年から何度も会っている。
こんなにも「好き」が重なる人と出会ったのは初めてかもしれない。
でも、音楽には特別な関心はないらしい。(苦笑)


まだまだ彼女のおもちゃ箱からは面白いものが飛び出してくるのかも...
知性と美貌の持ち主であるけれど、
なんたって、私は彼女の胆力に惹かれている。(笑)
本人には言わないけれど。(笑)








スポンサーサイト

2008.08.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑感

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。