スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

手に抱きたし

招待券があるからと、先日、誘われるままに出かけた美術展二つ。


新聞でも紹介されていた本阿弥光悦作の黒楽茶碗は、
実物を間近で拝んでみたいと思っていた。

茶人のまなざし
『森川如春庵の世界 』 

中京を代表する茶人であるという如春庵のこと、
茶の湯のこと、
何ひとつ知らなかったし、興味があるとは全く言えない。
ただ古美術を見るのは嫌いではないから、それなりに楽しみではあった。











館内はひと気もまばらで、
自分が望ましいと思う美術館としての静けさがほどよくて、
じっくり鑑賞できそうで初めから気をよくした。



順路に従って進むと、ほどなくして現れた茶碗。
なんだ、この色は!
茶でも赤でも橙でも柿色でもなくて、
なにか肉感的な生々しさが感じられるような色で、
既成の色では表現できない妖しげな色に驚くと同時に、
その茶碗に惹きつけられてしまった。

四方から、上下から、あらゆる角度から、
本当に舐めるように見つめてみると、
ますますその器は魅力的なものになり、私は興奮させられた。
茶碗の尻のあたりが一部滴り落ちそうに丸みを帯びて、
その左右非対称な線が器の安定感を生み出していると感じられた。
とにかく色も形も艶っぽい女のようであり、
なんだか物語が聞こえてきそうな気がしてくるのだ。

自分のこの両手に抱き、そっと包んで撫でてみたいと心底思った。
抹茶ではなくて、なよっと甘い二級酒を注いで、
その薄い縁に口をつけてみたいと思った。

赤ラク
赤楽茶碗 銘 「乙御前」 
本阿弥光悦作 
江戸時代・17世紀 個人蔵

これも光悦作の茶碗だったのか!
もしやこの御方はかなりエロティックで、色好みの男性ではあるまいか...
などと、またもや自分好みに妄想してしまった。(苦笑)



そんな興奮を抱き、赤楽茶碗から離れがたかったけれども、
次へと進むと、




「これだ!新聞に載っていた黒楽茶碗だ!」



黒ラク
重要文化財 黒楽茶碗 銘 「時雨」 
本阿弥光悦作
江戸時代・17世紀 名古屋市博物館蔵



一見して「っあぁぁぁ~」と感嘆の溜息がもれるほどの佇まい。
それはまるで賢人のように知的であり、
「気」を発しているような緊張感が漂っていて、
深く静かであり、哀しくもあり、冷たくて優しいのだ。
実に美しい。
器の輪郭は直線ではないのに、
精巧で張りつめた美しい線を描いている。
使い込まれたせいなのか、それとも初めからこうだったのか、
黒色は一色にあらず、微妙な濃淡と陰影があって、
どうにも一筋縄ではいかないような表情を持っている。
いやはや実物は凄すぎる。

「両手で抱いてみたい」
「何時間でも見つめていたい」

4畳半の和室の障子をあけると縁側には庭があり、
縁台に黒楽茶碗を座らせて、
それを時々見つめながら一緒に雨音を聞いてみたいと思った。
まさに「時雨」という銘がしっくりくる。

(器の写真をコピペしてみたが、
写真では自分が感じられたものが殆ど伝わってこない)



しかしなぁ、器という静物に興奮して、
ぼわ~んと妄想に耽ってしまう自分は本当にアホかもしれない。
でも、そんなアホな心持が自分にとっては最高に快いわけで、
生きていてよかったと思う瞬間でもあるのだ。

これまでも、焼き物に関する美術展なり骨董品なども何度か鑑賞していたが、
これほどに惚れてしまった焼き物に出会ったのは初めてのこと。
この2作品の後の展示物を眺めても心ここにあらず状態で、
他の展示物にはあまり興味を覚えることもなく、あまり印象が残らず、
一巡した後に順路を逆戻りして、
また「赤楽茶碗」と「黒楽茶碗」をもう一度とっくりと眺めてから
次の美術館へと向かった。








スポンサーサイト

2008.10.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。