スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

白昼夢

いつもは走り抜ける見慣れた道を、
小春日和の陽気のせいにして歩いてみる。
川沿いの遊歩道。

前を老人が一足ごとにゆっくりと歩いている。
風の流れに逆らうことなく歩いている。
老人を追い越す必要もなく、あてのない道草のままに、その後姿について私も歩く。
老人は目の前の風景があるかなきかのごとく、自分が支配する時間の流れにのって、
ただ無表情に自分自身の遠い心象風景を眺めてるようだ。


真昼の散歩の途中で見る夢はどんな夢なのか・・・
叶えられた夢、叶わずじまいの夢、叶えたい夢・・・





私の夢は・・・
そ~んなの決まってるじゃないのぉ~
『稲葉さんの愛人』になること!


キャーーーーッ!
『愛人』てステキな響きだわー
ア・イ・ジ・ン、あいじん、


できれば、勝手気ままで相手の思いのままにならない『愛人』がいい。
稲葉さんは私の気分を尊重してくれるの。フフフ

「今日は会いたくないのっ!帰って!!」
「会いたいんだっ!入れてくれよっ!」ドンドンドン
「帰ってぇ!!」
「お願いだよ、ドアを開けてくれよぉ~」コンコン
な~んてね。


あのねぇ。。。。。




どうせ夢なんだからぁー、好きに言わせろよぉお~っ!!!








スポンサーサイト

2005.10.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑感

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。