スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

初恋の人からの手紙

志凛、ひさしぶり。
もう黒人男性と付き合う夢は叶えましたか?
喜々として黒人の素敵さを力説していた志凛をなつかしく思います。

志凛が「なんで私が面倒を見ないといけないのよ」とおれに言い捨てて別れたあの日から、
もう19年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。










この手紙を書いたのは、特に用事や理由があるわけではないんだ。
ただ昨日友達と会って志凛の話題が出たから、
ひさびさに思ったままでも何か書いてみようと思って。
びっくりさせたかな。

思い返してみると、あのころ志凛はとても余裕があって、大人びていたなぁと思います。
男子と幅広く仲が良かった志凛に、おれは「男好きだな」などと皮肉を言ったけれど、
志凛は平気で「そういう女が嫌いなら付き合わなくてもいいんだよ」と返していましたね。
そういう志凛の余裕が、やけに鼻についた思い出があります。

そういえば志凛にとって初恋の相手がおれだったのかな?
最初のころの志凛は、なんだかプライドだけは高いわりに、緊張気味だったような気がします。
そろそろ男慣れしたころでしょうか?

まだ付き合い始めたころ、
志凛は気分が盛り上がって「いつか必ず結婚しようね」って言っていましたね。
おれは適当にごまかしたけれど、嬉しそうな志凛の顔を忘れません。
後先考えずにそういうことが言えてしまうところも志凛らしいですね。

志凛との恋愛から得たものが何なのかなぁと振り返ると、
たくさんのものがあることに気付かされます。
特に、やや性格がキツめで男勝りな人を
なんとか受け流していくという方法を学べたのは収穫でした。
どうもありがとう。

いろいろ書いたけど、おれは志凛のことがそれでも好きでした。
これからも志凛らしくいられるよう、
それと、そろそろゴキブリを素手で殺すのはやめて(笑)、
幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 右肩の関節を外す芸、また見せてください。









これを読んで笑ってしまった。
実際の私とはかなり違うと思うんだけど。
黒人に憧れたこともなければ、
ゴキブリを素手で殺すなんてとんでもないっ!(笑)
「いつか必ず結婚しようね」なんて、
たとえ盛り上がったとしても絶対に言わない言葉だと思う。
でも、「右肩の関節を外す芸」ができたら面白そうだな。(笑)



もちろんこの手紙はニセモノだ。
よそのblogに載せられていたのを見て、ちょっと遊びでやってみた。
質問に答えると自分宛の手紙が出てくるのだ。
遊びたい方はコチラでどうぞ。










スポンサーサイト

2009.03.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。