スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

人見日和

風は穏やかに、よく晴れた一日であり、
なんつーかその、花見日和っていうんですかー、
そういう日に当たってしまったわけで、
それはそれで文句があるわけではないんですけどね、
このワタクシもそのお天気の良さにつられてしまったわけで、
平日だからそれほどでもないだろうっていう安易な考えから、
主目的である場所からも近いことだし、時間もあるし、
桜も見ごろであるだろうと都心の有料公園に足を運んだらば、
もう入園口からして人がワラワラとあふれかえっているではないの!









花見の時期には、
桜の名所だという場所には近寄らないようにしていたのに、
ついでということで来てしまったはいいが、
やはり人の多さにウンザリして、
とても桜を愛でるような気分にはならず、
なるべく人の群れを避けながらの散策。


気に入った場所は桜よりもこの辺り。


en.jpg


en1.jpg


さすが有料なだけある景観。



退園後、また飲んだり食ったりして、
ちょっと予定以上にゆっくりしちゃって、
開演時間ギリギリかも・・・なんてことで慌てて店を出て、
電車に乗りながらも自分が走りたいくらいの気持ちになり、
小心者は開演前に到着できるかどうかが心配になるのだった。
九段下駅に降り立ったらば、ここでもまた人がウジャウジャいて、
駅員がしきりに案内のアナウンスをしているじゃないの。
ナニコレ!?




あっ、ここは千鳥ヶ淵か!
ヤレヤレここも桜の名所だったな、トホホ。

この人波をかき分けて靖国神社まで急がねば!
スキマを見つけてはスイスイクネクネと急ぎ足。
みんな浮かれた気分でそぞろ歩きしているというのに、
その間を大鳥居目指してまっしぐらに突き進む二人の女って異様だ。
でも、そんなことを気にする余裕はないのだ。
我ながら自分の巧みなジグザグ歩行に内心で拍手喝采。(笑)
急げや急げ!
あぁ~~人がジャマだぁ~~~!

参道の両脇にはブルーシートの上で宴会をしている花見の人々。
近くに桜の木がないのに、なぜか花見風情のスーツ姿の人々。
コンクリートの地面でケツは冷えないのかい?人々!
へぇ~屋台も出ているんだー。
と思いつつ、第一関門の大鳥居を突破して、
次の鳥居を目指してまだ急ぐ。





無事に開演前に座席到着。

『夜桜能』 4月3日(金)


ここでもまた人、ひと、ヒト、ひとひとひとひと人の頭。
目の前の視界の半分は人の頭で埋め尽くされている。
チケット代をケチったせいで、
能を観賞できる視界ではなかった。(涙)
ちょっとー、客席が多すぎるんじゃないの!?(`ε´)
演者の上半身が小さく見えるだけで、謡の音量も小さくしか届かない。
そんな状況で夜風に吹かれながらジッと座っているわけで、
これじゃー能の世界に入り込むどころか途中からは身体が冷えてきて、
ガマン大会的な気分になって、
「早く終わってしまえーー」くらいに思った。


初めて体験したことで、
野外で能を観賞するならケチっちゃダメだってことを学んだ。
そして『夜桜能』は、
特別に気に入った内容でなければ観なくていいやーとね。
だって花見客の混雑が付き物だから。




絶好の「花見日和」が、実際は「人見日和」(苦笑)




頭上の満開の桜を眺めながら聴いた笛の音が、
闇に白く浮かび上がる花の間からひゅるりと忍び寄ってきて、
一瞬ふぅ~っと異界へ連れていかれた。
その瞬間は気持ちよかったッス。






スポンサーサイト

2009.04.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。