スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

The 7th Blues

なぜか今『The 7th Blues』を聴いている。
もう最高に気持ちイイー!

7.jpg


B’z本領発揮というALに思える。
この時期は人気も売り上げも上昇するばかりという時期だったと思うが、
(このALに関しては当時ファンの間では評判がイマイチだったような・・・?)
voもgも伸び伸びとして勢いが感じられる。
まるで「わしら、こんなんが好きなんや~」と言ってるように感じられる。
『もうかりまっか』なんてファンキーでスゥイングしてる。
ブルースをこんなにグルーヴ感たっぷりに小気味よく歌いこなせる人は
そうはいないのではないかと思われる。
聴いてるほうも超ゴキゲン!

『おでかけしましょ』
『MY SAD LOVE』
『ヒミツなふたり』
『Sweet Lil’ Devil』

これらの曲のハネたビートに上手く乗っかって歌うリズム感の良さは本当にスゴイ!
なんなく歌ってるから難しくなさそうに感じてしまいがちだけれど、
稲葉さんのようにはなかなか歌えないハズ。
歌詞も「使ってはいけない言葉は無い」と稲葉さんが考えておられるように、
既成概念にとらわれずに、奔放に言葉が飛び交い、言葉が新しい表情でもって立ち現れてくる。

『LOVE IS DEAD』
この曲もjazzっぽいアレンジでかなり難しいと思われる。
稲葉さんにとっては、きっと得意分野の曲調ではないだろうか。
言葉数の多い歌詞もリズム感の良さで気持ちよく乗っかり、サビを朗々と歌い上げシャウトする。
そしてまた、稲葉さん特有の自在なフェイクも最高だ。

とにかくこのALは、私にとっては飛ばし曲が無いくらいに楽しめる曲ばかり。


是非とも40代の色気溢れる渋いブルースを聴いてみたいものだ。
何でもこなせるお二人ではあるけれど、
ブルースを基調とした曲はお二人の特質が十分に生かされる曲調だと思う。



「頼むぅ~松本さん!
Bluesの曲を書いてくれぃー!!!」




本当に、もっと早くB’zに出会わなかったのだろうかと悔やまれる。
『The 7th Blues』のALツアー『The 9th Blues』のlive会場にいられたらよかったのに。。。。
お願~い!この時のLIVE-DVDを発売してぇ~~~!!!
きっと、髪を振り乱し汗で顔にロンゲが張り付いてたり、ブルースハープをしゃぶりまくり、
大股で立ちはだかるように睨んだり、体をのけぞらせたり屈めたりして熱唱する稲葉さんが見られるに違いないよ~~~。

ックーー、想像するだけでヨダレが出そうだぁ~~~~




どうよー、この稲葉さん

051004_1749~01.jpg

窓から射し込む光に包まれてるゴージャスなコリー犬のようじゃないのっ!
また外を見つめる眼差しが、静かに深く自分だけの世界にいるようで近寄り難くも感じられる。
横顔のラインが素晴らしく美しい~~~!



これはレコーディング中の稲葉さん

051004_1752~01.jpg

ヘッドホンを掴む手!
骨格の直線たまらんっ!



同じくレコーディング中の稲葉さん

051004_1753~01.jpg

シャウトしてるよ~~
カッコエエーーーー!!






稲葉さぁ~ん、だぁ~い好きぃ~~~~!!!

(*´д`*)










スポンサーサイト

2005.10.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 楽曲

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。