スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

稲葉浩志
Robert Plant(LED ZEPPELIN)
Steven Tyler(AEROSMITH)
MAROON5
Chris Cornell (AUDIOSLAVE) 
Chris Martin(COLDPLAY)
John Lennon
Sting

彼らは私がよく聴くお気に入りの声の持ち主である。
少し私の好みの傾向がわかると思う。

頻度としてはやはり稲葉浩志がダントツかもしれないが、
時々むしょうに嫌に思える時があり
そんな時はしばらく全く聴かずに洋楽ばかり聴いてる。
それでも帰り着くところは、やはり稲葉浩志。
しばらくぶりで稲葉浩志を聴くと「やっぱり稲葉さんねぇ~」と
妙に擦り寄ってしまいたいような気分になる。
稲葉浩志よりも声量がありスキルも上かと思われる洋楽アーティストに浮気しても、
あのクセのある歌い方の稲葉浩志が気持ちイイ~と思える。

フレーズ語尾の言葉の母音を「ア~~ッ」「イィ~~ッ」「ウォ~~ッゥ」「エッ~~ィェ」「オゥ~~ォォッ」と、まるでグリコキャラメルの『おまけ』のごとく大層オイシイ『おまけ』がついてるのである。
『おまけ』自体が目的で聴きたくなることもあるほど主役級の『おまけ』だ。


Robert Plant、Steven Tylerもその辺が稲葉と共通する魅力を感じてる。
彼らの声もオイシイ『おまけ』の宝庫である。
MAROON5、 Chris Cornell、  Chris Martin、
彼らも『おまけ』があるが、こちらの三者は稲葉浩志と比較すると、
湿りけはそれほど感じられずにむしろ乾いた雰囲気であり、『おまけ』も吐息に近いものが多い。
これもなかなか気持ちイイものでヘッドホンで聴くとサイコーだ。
John Lennon、 Stingは声が涼やかで伸びやかであり
優しく包み込まれているような心持になれる。

稲葉浩志の声は地声もいいけれど、私はファルセットも好物だ。
時にコーラス中心に聴いてることもあるくらいに好きだ。
稲葉浩志のコーラスは曲によっては何重にも被せており、
脇役にしておくには惜しいほどに素晴らしい。
いつかコーラス中心のCDを発売してくれないだろうか・・・TVスタイルじゃなくてね。




では、稲葉浩志の魅力的な声だけでイッテしまいそうに思える曲をいくつかあげてみようと思う。

『Little Flower』
歌い始めがウイスパー気味の声で、囁きかけるように優しく切ない声がたまらなく気持ちイイ。
まるで稲葉さんの懐にすっぽりと包み込まれまどろんでいるような夢見心地の気分になれる。
実に丁寧に情感たっぷりと歌い上げていてホレボレする。
特に♪そっと手を触れてみよう~ そっと~♪の部分が大好物!

『波』
vo加工効果もあると思われるが、どこかもの憂げで終始色っぽい声であり、
そして哀しい響きも感じる。
この曲は全体を通して歌声にうっとりしてしまう。
最後の♪もっと奥へ~が耳元で囁かれてるようで、もうこの一言でイチコロ。
これも『おまけ』が実にオイシイ。

『炎』
これも実に『おまけ』がオイシイ曲!
そして随所に甘いファルセットが登場し、声のエロティックさが際立つ一曲と思われる。
また稲葉特有のベッタリとねちっこい歌い方が効果的に、
曲をドラマティックなものとして仕上げている。
未練たっぷりの泣きの演歌を歌ったらスゴイかもしれない。
♪逃げるようにさまようぅ~~~~ぅっ♪がツボ。

『遠くまで』
出だしの♪歩こう~肩を寄せて~どんよりにじむ~空の下ふたり~の弦楽器をバックに歌ってる部分がうっとりするところ。
キーが低めなせいかもしれないが、
話し声に近いようなかんじで膨らみのある艶っぽい声がとても気持ちイイ。
残念ながら、今ではこの声は出ないような気がする。

『Snow』
もうこれはしょっぱなから大好物のファルセット交じりの声で歌っていて、
セクシーな稲葉さんの甘く囁く声が堪能できる曲だ。うっと~~り!
サビ♪お~どれ~雪~よ や~まないで今は~ ためい~きを 優しく吸い込んで~の部分で地声に変わってくところがまた艶っぽい声で気持ちイイ。



今パッと思いついた曲だけ書いてみたが、最近は稲ソロばかり聴いてるからB’zの曲が一曲しか出てこなかったが、他にもたくさんあると思う。
こうして見ると、バラード調のゆったりした曲が多い。
稲葉さんの声にウット~~リできるのは、私にとってはバラード系の曲ということになりそうだが、、、曲自体はシャウトしまくるアップテンポなROCK色濃い曲が大好き!!



声は肉体の一部であり、もちろん年齢とともに老化してくるものだと思う。
残念ながら稲葉さんも例外ではなく、表現力やスキルアップはしていても声の衰えは否めない。
私の個人的感想だが、ピークは7th(94年)~Brotherhood(99年)頃までではないかと感じてる。「マグマ」前後の稲葉さんは、
スキルと声量や声質のバランスが一番いい時期ではなかったかと思える。
今は年々表現力やスキルは向上してると思われるが、
声量は以前ほどではなく声質も膨らみが無く細くなったように感じている。
バラード調の曲を聴くと、そのことがよくわかる。
しかしながら稲葉さんの歌声は魅力的であり、
年齢を重ねるごとに衰えていこうがずっと聴き続ける歌手のひとりだと思う。








スポンサーサイト

2005.08.22 | | Comments(4) | Trackback(1) | 人・稲葉浩志

コメント

こっちに

越していたのね。


こないだまでのは、なんかページの下が
見えなくて、なんでかなぁとか思っていたから
個人的には嬉しい♪

どぞよろしく!

2005-08-23 火 16:27:44 | URL | ごう # [ 編集]

またヨロシク

実際に記事を書いて使ってみないことには、自分に合ってるかどうかもわからないしね・・・

今のところ、この新居は相性がよろしいかと思ってるので、
しばらくはここで落ち着けそうです。(笑)

>個人的には嬉しい♪

ごうさんにも気に入っていただけたようで嬉しいです!
お気軽になんでもコメントしていってくださ~い♪

2005-08-23 火 20:15:43 | URL | 志凛 # [ 編集]

こんにちは、稲葉さんについて書いて見たのでTBさせていただきました。私は、ソロの詩から稲葉さん、B'zを聴くようになった者です。前は好きではなかった稲葉さんの声が、数ヶ月でゾクッと来るようになったのには、自分ごとながら天晴れでした(苦笑)
でも、おかげで稲葉さんやB'zの音楽に励まされて生きる楽しみを授かり、ずっと聴き続けられる大切な音楽が一つ増えました。

2005-08-28 日 13:09:16 | URL | Cacao # [ 編集]

はじめまして

Cacaoさん、コメントありがとうございます。

>でも、おかげで稲葉さんやB'zの音楽に励まされて生きる楽しみを授かり、ずっと聴き続けられる大切な音楽が一つ増えました。

自分の大好きなB’zや稲葉さんが、他の多くの方にも影響を与え楽しませてくれてることを知ると、私まで嬉しくなります。

私にとっても、Cacaoさんが感じられてることと同じように、B’zや稲葉さんはずっと聴き続けるであろうと思われる大切にしたい音楽です♪

2005-08-28 日 19:35:55 | URL | 志凛 # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://inabasirin.blog20.fc2.com/tb.php/5-b5b64096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

稲葉浩志 ~ふるえる魂~

「ふるえる」…小きざみにゆれ動く、振り動かす、勇み立つ、力を発揮そんな意味を表せる言葉のようだ。

2005.08.28 | 私を生かすRipple

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。