スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

公募ガイド

月刊雑誌『公募ガイド』

私のフザケたようなblog記事の拙い駄文に、時々貴重なコメントを寄せてくださっている
マグノリアさんのblog記事を拝読して、初めて知った『公募ガイド』という雑誌。
私もその内容に関心を持ち、『公募ガイド』を先月購入した。
何度か主だったところを読んではいたが、
自分で作品を考えて応募してみるところまでは至らず、しばらくそのままにしてあった。

先日、その雑誌が気になり、応募してみようかな・・・と思いながらパラパラめくって、
投稿できそうな募集テーマを物色してみた。
コレなら、短時間で考えられると思えるものを見つけ、入浴しながら頭の中で考えてみた。




案外できるじゃんっ!

私が選んだのは----- 『あいうえお作文』 お題は「おちば」
お題の一字を行にして文章を。ハガキ一枚に3点以内。【図書券500円分】


 オヤジハゲ
 チョンマゲ結えぬ
 幕末時代!?


 オヤジ臭
 塵も積もれば
 バキュームカー


 オイラは
 父の子
 ばあさんの孫


 オッパイを
 乳呑児と奪い合う婿殿へ
 「バアサンのはどうよ!」と迫るエロ姑


 オネエサン
 乳はタレ気味
 バアサン並みで涙かな




なんでこうも品性の欠片も見えぬ作品ばかりなんだぁ~
自分の貧相な頭の中身が露呈したようだ。

『オヤジ』に対してはなんか恨みでもあんのぉ!?
いえ別にまぁ・・・でも電車の中ではずいぶんねぇ・・・・・


これ、思いついた順番通りに並べたんだけど、
発想が「オヤジ→ばあさん→乳」と連鎖して、
前作の言葉から次を考えてるんだわ~
一度、言葉が浮かぶと、それから離れられなくなってしまい、
それとは全く別のところへ行けなくなってしまうところがあるかも・・・・


自分としては、この中では3番目の「オイラは父の子ばあさんの孫」という
全くヒネリのないストレートで単純な作品が好きなんだけど・・・
応募作品にするのはどれにしようかな・・・な~~んて、

あっーーーーーっ!!
もうとっくに締め切り期限が過ぎてるじゃんっ!
ゲッ!!

ていうか、特別にどうという作品でもないし、
入浴中に思いついたような「手揉みアッサリ漬け」くらいのもんでしかないからね。
で、駄作ではあるけれど、応募できないからblogにupしちゃおう~


なんだか、この間のビーズアクセサリーといい、
ここは陽の目を見ないヤツらの救済スペースか!?
私のフリースペースだからねぇ~フフフ




やっぱり最後は



 惜しまずに

 躊躇せずにさらしてよ!稲葉さぁ~~ん

 抜群!自慢のエロBODY!










スポンサーサイト

2005.10.08 | | Comments(2) | Trackback(0) | その他

コメント

公募!

おお!
我が愛読誌が志凛さんのブログ記事の題材になるとは!
嬉しい限りです。

どうやら志凛さんは、世間のオジサマ達に対して何らかの怨恨があるもようで...(笑)

僕なら迷わず、

お オヤジハゲ
ち チョンマゲ結えぬ
ば 幕末時代!?

を応募してましたねぇ~。
これってかなりの鋭い視点が伺えて、個人的には好きです。
期限中に出してれば、入選も夢じゃなかったのでは...??

2005-10-11 火 15:43:06 | URL | マグノリア # [ 編集]

励み

マグノリアさん、コメントありがとうございます。

>どうやら志凛さんは、世間のオジサマ達に対して何らかの怨恨があるもようで...(笑)

この記事をupした後に、またいろいろ浮かんできて、いくつかできましたが、「オヤジ」から離れることができましたよー。(笑)

>これってかなりの鋭い視点が伺えて、個人的には好きです。
期限中に出してれば、入選も夢じゃなかったのでは...??

愛読者であるマグノリアさんから、このようなお言葉をいただいて、まるで【図書券500円分】をgetできたような気分(笑)で、とても嬉しいです。

これを励みとして、また折りを見て今度は実際に応募してみようと思ってます。
今月号はまだ購入してませんけどね、いつかは大金を・・・・な~~んて(笑)
(いえ、私は細々と図書券狙いで頑張ります!)

2005-10-11 火 21:14:26 | URL | 志凛 # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。