スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ネット配信

ところで、『B'z The Best “Pleasure II”』の特典映像だが、
これって、iTunesをダウンロードできる環境のある人でなければ
特典として意味をなさないってこと!?
なんだかなぁ・・・・
このためにPCを買い換える人なんかもいるのだろうか?

米ア社との提携で行われる世界初の無料画像配信なんて大々的に報じられたが、、、、
その試みとやらを一般発売されるAL特典にしてしまうのは、
PC環境の整ってない人を切り捨ててしまってるように思えてならない。
メンバー本人達は「だれもやったことがない新しいことなのでトライしてみたい」と
楽しみにしてるそうだが・・・・う~~ん。。。
確かに話題性としては注目されることになるだろう。




米ア社とは2年前からつながりがあるようで、本格的な米進出の足がかりとして
着々と動いているということか・・・
松本さんも以前に、海外でのCDリリースについては、
いずれ現実化したいと考えてるような発言をされてたと思う。
まぁすでに、国内より早く米では音楽配信が一部されてたようだけれどもね。
手っ取り早くDVDにしてくれたらありがたいのだが、そこはいろんな大人の事情とか
企業戦略があるのだろう。

こうして一曲ずつDLして購入できるようになり、今後はより求めやすく
価格も引き下げられていくのだろうが、
果たしてこれが当たり前のように普及していくのだろうか・・・。
音楽との関わり方は人それぞれで違うと思われ、その人のスタイルに合わせて
選択されることだろう。
きっと私自身は従来のままだと思う。

ネットでニュースを知ることが出来ても、やはり新聞のほうが馴染みやすい。
例えば本にしろ、やはりページをめくる動作があってこそ読書の楽しみがあるというもので、
しかも寝転んで読めるところが良かったりする。
だから何でも、早い、便利、即ネットというふうには結びつかない。
CDだって、歌詞カードやジャケットを見る楽しみもあるし、いくら資源節約などと言っても
ネット一辺倒にはならないとは思うけれども、どうだろうか・・・

稲葉さんも会報のインタビューで話してたが、選択肢が増えたということで考えてみたら
確かに利用価値がある。
ALのジャケットや他の曲は不要だが、一曲だけ欲しい場合などはDL購入もいいかもしれない。




今回のこの特典映像は、あくまでALの付録的な扱いのはずであるけれど、
シングルをリリース時にしっかり買い揃えてるファンにとっては
AL自体よりも特典映像の方が主役として話題になっているようだ。
特典映像が4曲ってのもね・・・全部買い揃えてしまおうと思えば出来なくもない数のように思える。
そこがオフィの狙いどころ!?



ベストAL発売後には、中古ショップに赤ジャケのALがたくさん並びそうだな。。。。。
赤札セールとか!?






スポンサーサイト

2005.11.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | ビーパ・オフィ

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。