スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Sting

〔Sting←稲葉浩志←志凛〕

さてさて、この矢印は何を意味するのか?




答え 《抱かれたい相手》

稲葉浩志はStingに抱かれたいと思い、私は稲葉浩志に・・・という図式。
ふふ~ん、でも私もStingに抱かれてみたいかも。。。。


ハイハイ、わかってるよぉ~~~っ!
ありえねぇ~んだよっ!!



Stingもカッコエエ~~~!!

高校生だった稲葉さんが「抱かれてみたい!」と思うのも頷ける。
実のところ、稲葉浩志よりも先にStingを知ってたわけで、稲葉浩志歴よりSting歴が長い。
でも誰かの熱狂的ファンになったことは今まで無い・・・・
多少濃かったといえば、jazzピアニストの山下洋輔のliveに
ほんの一時行きまくってたことがあるくらい。ちょっとミーハー的に。

で、Stingなんだけど、何が好きかって、声はもちろんのこと、楽曲も好みだ。
jazzから始めた人だけに、今でもそれが色濃く感じられたりする。
そしてベース奏者だからなのか、とてもリズム重視というか、
リズム楽器のアレンジにこだわりがあるように思う。
考え込まれて、無駄をそぎ落とし微細に構築されたように感じられる洗練された曲。
それが私には心地好く響いてくる。

そしてミーハー的に言えば、
Stingのヨガで鍛え上げられた体が美しい~!
若いときよりも今の方がカッコイイと思える。
ステージでの立ち姿が凛としていてセクシーで美しい。
ただ、そこに立っているだけで圧倒されてしまうような色気が感じられる。
あの稲葉浩志も及ばないほどの色気がStingにはある。

薄い唇が好き。
口角がキュッと上がって、少し冷たそうな感じが好き。
この唇の雰囲気は稲葉さんにも言えること。
稲葉さんの口元も冷ややかな感じが好き。

そして知的なところが好き。
外見からも、眼光が鋭くて知的な雰囲気が感じられる。
Stingの自伝も読んだが、かなりの文章力と表現力を持ち合わせてる人だと思えた。
自伝というだけではなく、それが一つの読み物として読ませる力のある作品ではないだろうか。
そして、今のStingがあるのは、このような背景があったのかと納得させられた。
Stingの全てが歌詞や曲に反映され、表現力ともなり、揺さぶられるものがあるのかと・・・・





稲葉さぁ~~ん
別だってわかってはいるけど、
StingのLIVEのように、シンプルでシックな雰囲気の稲ソロLIVEをやってぇ~~!!
MC無しで間断なく歌いまくるLIVE希望!






スポンサーサイト

2005.11.20 | | Comments(2) | Trackback(0) | その他

コメント

俺も好きだぜ!

STINGは、むか~し、ソウルケージっていうアルバムを偶然聴いて
一発で大ファンになったんだよね。あのアルバム全体に漂う暗さと
そのもっと奥に少しだけ見える光のような。

またライブ行きたいなぁ。。。

2005-11-20 日 16:50:01 | URL | ごう # [ 編集]

最高です!

ごうさんもStingが好きなんですね。
嬉しいことです。

今年の一月に武道館のliveに行きました。
興奮し、鳥肌モンで感動した忘れられないliveとなってます。
また来日してほしいですね。

2005-11-21 月 14:38:59 | URL | 志凛 # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

志凛

  • Author:志凛
  • 稲葉浩志大好物

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。